FC2ブログ

Web掛け合い(仮) テーマ『どうすれば二等辺三角形を定規なしにすっと描くことができるのか、について』

注意

この掛け合いはひぐらしのなく頃にの古手梨花と古手羽入の本編とは逆の掛け合いをします
本編の二人の掛け合いのイメージを大切にする方はスルーしてくだって構いませんので。
それとネタバレ、危険なトークもちらほらあるかもしれませんが、スルーして笑ってくださいなのですよ☆
ちなに掛け合いの内容は紹介する商品以外は全てフィクションですので~。




梨花「あなたと合体したい」

羽入「あぅあぅあぅあぅ! これまた一体何を言うのですかこの下郎!」

梨花「ふふん。創世のアクエリオンよ。知らないの羽入!? 合体よ、合体!! つまりそれは今回のテーマと繋がるのですよ!!」
羽入「あぅあぅあぅあぅ!! それはどう繋がるかわかんねーなのですよ!!」

梨花「えーと今回のテーマは『どうすれば二等辺三角形を定規なしにすっと描くことができるのか、について』だったよね。どうするライトにさくっと答える? それとも馬鹿野郎と言いながら世界の中心でアイを叫びながら答える?」
羽入「あぅあぅあぅ! どうして世界の中心でアイを叫ぶのですか!」

梨花「世界の中心は『アイ』だからね! 『愛』じゃないのですよ!」
羽入「そこに拘るのはどうかと思うのですよ!!」

梨花「でどうすれば二等辺三角形を定規なしにすっと描くことができるのか、というのはその答えはドリルにあるのよ! Let`sドリルなのですよ!!」
羽入「あぅあぅあぅ!! またも突拍子のないことをいうなのですよ!!」

梨花「羽入だってその髪型や角なんのためにあるの? 答えはドリルよ!! 私も心の中ではドリルなのよ!! さあみんなも歌いなさい、ドリルに歌いなさい、ドリルのなく頃にぃ~~~!!!」
羽入「あぅあぅあぅあぅ!! もはや何を言っているのか理解不可能なのですよ!!」

梨花「理解不可能といえば羽入、埼玉地方の方もTVアニメ版ひぐらし解が見れなくなったわね」
羽入「あぅ。そうなのですよ。あぅ、こればかりはどうしようもないことなのです…」

梨花「そうね……やっぱりウェブ予告が……」
羽入「あぅ。そこは全然関係ないのですよ」

梨花「いいじゃない! ikuiの住んでいる地域なんてTVアニメ版ひぐらし解放映開始からエンドロールなのよ! ある意味DVDと醤油、一緒にみー☆ カモーンっ! って感じ」
羽入「あぅあぅあぅ。どんどん話の方向性が流れてきたのですよ」

梨花「じゃあ軌道修正。そもそもね二等辺三角形を定規なしにすっと描くことなんてできないわよ!! なによこのテーマ!! もう少し考えてよねー!!」
羽入「うーうーうー!! 軌道修正しすぎなのですよ!! しかも本音を躊躇いもなしに言うのはやめろなのですよ!!」

梨花「PTAに訴えられても私はあなたと合体したい」
羽入「あぅあぅあぅあぅ!! 会話が見事に理不尽な方向にいっているのですよ!!」

梨花「ところへ羽入。あなたの角ってドリルよね。ってことはアニメ『グランラガン』のように成長するの? どきどきっ!」
羽入「うーうーうー!! 梨花は虚像と現実がごっちゃになっているのですよ!! もう少し現実をみやがれなのですよ!! そして僕の角はそんな機能じゃないのですよ! どきどきするのやめれろなのですよ!!」

梨花「宇宙へまっすぐゴーってわけなのね!!」
羽入「あぅあぅあぅ!! もはや二等辺三角形と影も形もないのですよ!!」

梨花「えーとところでコーナーはどんな感じ? なにか反響ある?」
羽入「あぅあぅあぅ!! そんなこと言うから素晴らしきにっしー様とか素敵なコメントがきたのですよ!! mist様とか壁|・)なのですよ!!」

梨花「判った!! 梨花ちゃんにコーナーをやれってことなのね! それじゃあ早速今かからできるコーナーある?」
羽入「あぅあぅあぅ。沙都子も富竹も鉄平も今いねーなのですよ」

梨花「としたらikuiの本紹介か…ねえ羽入。グレンラガンの紹介してもいい? といっても9話しか見てないけど?」
羽入「あぅ。僕に拒否権はないのですよ」

梨花「やっぱりねグレンラガンいいわけよ!! なにがいいってドリルね、ドリル!! そこで二等辺三角形と繋がるのよ!! 繋がるのよ!!」
羽入「あぅあぅあぅあぅ!! 二回いったのですよ!! 二回言ったのですよ!!」

梨花「グレンラガンつながりでひぐらし解というわけ。すなわち私はガイナっ娘ってわけなのよ!! どう!! このテーマからぶれていない台詞!! 羽入も何かいいなさいよ!! ドリルー!!」
羽入「あぅあぅあぅあぅ!! 一体何をいうのか判らないのですよ!!」

梨花「あ、二等辺三角形、ドリルじゃないわ! 醤油よ!! そう私は醤油のためにあるのよー! つまり二等辺三角形を定規なしにすっと描くためには醤油を買うことなのですよ!! わけもらうなんて烏滸がましい!! かうのよ! 買って私に献上すればいいのよー!!」
羽入「うーうーうー!! お前はその減らず口を醤油で塞いでやりたいのですよ!!」

梨花「くすくすくす。私の口を塞いだとしても第二・第三の古手梨花が」
羽入「いたらすっげー怖いのですよ!!」

梨花「えー。そんなこと羽入ちんならやってくるでしょ!? 羽入ちん、ピンチなんでしょ!? ピンチなんでしょ!?」
羽入「あぅあぅあぅあぅ!! 梨花がとても怖いのですよ!! というか羽入ちんっていろんな意味で突っ込みたいけど突っ込みづらいのですよ!! あと二回言うのいい加減やめるのですよ!!」

梨花「大丈夫。このブログをここまで読んでいる人はよほど壁|ω=)だから」
羽入「あぅあぅあぅあぅあぅ!! お前はもうそういう話題をするななのですよ!!」

梨花「ではまた明日なのですよ!!」


 明日(10/4)に続く テーマ『不気味で素朴な2chに楽しく郵政民営化させる一発芸』


2007/10/03 02:51 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |