FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

I (not) need you


ということでエヴァ新劇場版破の感想です。
以下TVシリーズ・旧劇場版・新劇場版序、破の内容を含みますので未見の方、またはこれからご覧になられる方がいましたらスルーするようお願いします。





















 さて感想ですが1回目、すなわち見た直後というのは凄く興奮していてブログでも面白かった! アスカが破であんな目にあったけどまた好きになった! と言ったことを書きましたがそれからちょっと冷静になって「単に面白いという感情だけで片付けていいのか」といった禅問答がおきまして、見た直後に書いた感想を消したわけです。

 実際のところ私はエヴァに関しては昔から、それこそシンちゃんと同じ年ぐらいでエヴァを見始めたので(評論家が言うにはその時代にエヴァを見た世代のことをリアルシンジ君世代と言ってましたがw)影響はハンパない……と人によってはあるでしょう。

 んーでも私の場合エヴァってどこが面白いのかがわからないんですよね。未だに。
 いや、長年見てますし何回も見てますしDVDとか購入とかするぐらい好きなんですけど……ただ好きだけ、という感情だけじゃ片づけられないといいますか。
 なら嫌い? と言われると……まぁ嫌な部分もありますがw(ぉ
 ただエヴァに関しては好きも嫌いも全部が合わさっているという感じが強いですね。
 それは一番最初に貞本版エヴァを見たときから(ぇ
 私一番最初のエヴァ体験って人から貰った漫画版からなんですよね。
 その当時はそれこそエヴァブーム前夜といった感じだったのでエヴァンゲリオンという作品がどういうものか全く想像できなかったです。貞本さんが書いていた漫画版1,2巻(当時は2巻までしか出てなかったので)の情報量が全てでしたからね。
 だから最初の1巻で読んだ時の後書きに書いてある庵野さんの言葉(新劇場版エヴァを作る時の所信表明みたいなもの)を読んでも庵野秀明……誰? と言った感じでしたから。
 まぁまだインターネットも普及する前、それこそパソコン通信の頃(一般的にインターネットが普及したのはウインドウズ95からですし)ぐらいなので情報のタイムラグが今以上に酷かったのを覚えてます。
 ただ当時はエヴァにそれほど興味がなくて、後ほどエヴァのTV版を取り溜めしていた知人から借りて見たのですけど……なんか、特にという感じでしたね。
 いやつまらなくはないんですけど、でも面白いとも素直に言えないというか……そんな微妙な感じでした。TV版25,26話も実は割とすんなりみれましたからね。
 他の友人とかは19話の男の闘いとか好きだと言ってましたけど、私的にはその後20話以降の精神描写の方が好きだったので(汗) なんでしょうね……今の世代ならエヴァというのはすでにDVDやビデオが普及しているのでこういう作品、て見ることが出来るんですけど私の場合は確か色々あって何回も見れなかったので、今思うと新鮮だったのかもしれません。当時はお金がなかったので見直すためにビデオを購入する購入資金ありませんでしたし。

 で旧劇場版……よくわかりませんでした(ぉ
 いや、でも面白いのは間違いないんですけど……ただ面白いだけじゃなくて、上手く言葉に言い表せないですね。色々な要素があって後のkey作品(+ギャルゲー業界)やメディア業界に影響をあたえた(アニメはもちろんですけど小説、漫画など)作品を与えたことには違いないですけど。
 ただなんていうか、感想がない……これにつきると思いますしそれこそ旧劇場版ラストアスカの『気持ち悪い』、それに尽きるんじゃないかなと(ぉ
 
 まぁそれから色々あって新劇場版になるんですが……やっぱりよくわからないんですよね(ちょ
 なんか新劇場版関連(DVDやブルーレイとかは)旧シリーズと違って特に購入する気もないですし。新劇場版関連せいぜいパンフレットとこの前やっていた金曜ロードーショーの録画ぐらいだったりです(汗)
 もちろん面白いことには違いないんですし、見た直後は凄く興奮するんですけど、でも後で冷静になると……んー? あれ、よくわらないや、という感じになるんですよね(ぉ
 
 例えば破で言いますと3号機の搭乗者が旧シリーズだと主人公碇シンジの友人鈴原トウジだったのですが初号機が暴走してアニメ版だと重傷、漫画版だと死亡だったんですけど、新劇場版破だと式波・アスカ・ラングレーに変更したんですよね。初回見たときはうわぁという感じで、それを確かめるために二回目見に行って……その時もうわぁという感じだったんですけど、でも以外にそんなにうわぁという感じでもなければ破のラストシンジが綾波レイを助けるところなんかも、初回は興奮して、それこそ涙を流しそうになっていたんですけどw でも二回目はそこまで感情移入はできなかったですね。

 つまらないか、面白いかといえば面白い……という部類に入るかと思いますけど、ただやっぱりよくわからないと言った方がしっくり来ますね。
 だからエヴァのどこが面白い? て私に訊かれると正直答えに詰まるんですよね。むしろどこが面白いのかわからないので。いや、正確には面白いという言葉、文字上ではそれが望ましい語彙なんでしょうけどでも正確にはその語彙じゃないという感じですね。
 では逆につまらないのかと言われると、それもまた違って面白くない、つまらないという語彙にも当てはまらないです。
 曖昧、よくわからない、曖昧模糊……正直エヴァンゲリオンの感想は13、4年前に貞本板エヴァを見た感想となんら変わらないのですよね。だから強いてその感想が覆るとしたら新劇場版完結じゃなくて貞本板エヴァの完結の時かもしれません。
 
 というわけでこれが私の破の感想です(ぉ
 新キャラのマリ、眼鏡っこでしたねーぐらいです(ちょ
 まぁ次のQも見ますね。
 多分感想は変わらないのかもしれませんけど(汗)

 ではー
 

2009/07/05 18:06 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。