FC2ブログ

東方についていくい的解釈

新規キャンバス

ゆかのゆ (電撃コミックス EX)ゆかのゆ (電撃コミックス EX)
(2008/06/27)
大石 竜子

商品詳細を見る


こんばんはー。
久しぶりに模写なんかを。
大石竜子著の『ゆかのゆ』からゆかちゃんこと湯乃元ゆかとふとまきさんです。
ちなみに大石竜子さんはライアーソフトからでている『forest』『赫炎のインガノック』のキャラクターデザインをしていた方です。
ちなみにこの本なかなか地元で見つからなくて(アニ○メイトとかにも普通においてませんでした)四苦八苦していたところ、ジュン○堂で見つけたのはいい思い出です。
ありがとうぉ! ジュ○ク堂!
……まぁ密林とかで注文すればよかっただけの話なんですけどね。konozama覚悟で(ぉ

まぁゆかちゃん描いていて、大石竜子さんのぷに絵感が出なくてあぅあぅな出来になっちゃいました(汗) あとモノクロは仕様です……いやーsaiで描いていたんですけど描き途中のライヤー分割のやつを保存し忘れて、全部結合した状態しか手元にしか残ってなかったでそれにちょっと影を付けただけというのはここだけの秘密です(ぉ
あとふとまきさん、難しいぃ><!

 ちなみにゆかのゆの話は銭湯モノのお話です。
 ある意味朝の連ドラに通用しそうな展開ですが、なんか心が荒んでいる時に読むと非情に癒されますw 登場キャラはどのキャラも立っていて、愛着がありますw
 ちなみに私が好きなのはねこさんですw
 本を置いているところ、あまり見たことがないのでたぶん、そんなに有名ではありませんが是非読んで貰いたい漫画ですw
 私にとって大石竜子さんはライアーソフトの『forest』の印象が強いですね。話的にもそうですけど、大石さんが描かれたポップでキュートなありそうでなさそうだった立ち絵が話と相まっていい相乗効果を生みましたw
 
 さてイラストの件はこれぐらいにして話題をタイトルに戻します。
 とりあえず追記で。
 まぁあまり東方ファンが読んで気持ちのいい記事ではないと思いますので、自己責任でお願いします。


 
 ……実は私、東方シリーズって苦手なんですよね(滝汗)
 いや、苦手というよりも『はまりたくても、はまれない作品』というのが強いです。
 一応東方一作目(Win版)『東方紅魔郷 〜 the Embodiment of Scarlet Devil.』も買ったことには買ったのですがクリアせずに(確か一面で詰まって投げてそのままに)出来ずに、あと気持ちも東方から離れているため特にプレイしようとは思ってません。
 なんでしょうとちょっと自己分析してみて、いくつか

 一、気づいたときには既にブレイクした作品で、知り合いのほとんどがプレイ済みだった。

 二、二次創作作品が多くて、どれが正規の作品が判らなかった時期が長かったため思い入れがあるのがどちらかというとアレンジ作品の方が多いから。

 三、やる時期を逃した。

 の三つです。
 一はまぁ、私どちらかとうとアクションゲームを進めるのは通常のRPGをプレイするより遅い方なので(あと横シューとか縦シューとか弾幕系はかなり苦手というのもあるので)知り合いの方が既にプレイ済みで進められて、周りが盛り上がっていれば盛り上がるほど、逆にちょっと距離を置いちゃうような(汗) 天の邪鬼な私でサーセンm(_ _)m
 二は私東方で思い入れがあるのがイオシスから出ている東方アレンジCDといえろーぜぶらから出ている東方M-1の方が強いですね。それとこの二つ以外から東方アレンジCDは、購入してません。もちろんオリジナルもそうですけど……ここらへんはニコニコとかなかったら全部購入したと思いますけどね。ニコニコがあるがゆえにちょっと今のようなことになったのかも(汗)
 三は一作目を購入したのが2007年の夏頃…だったような(汗) その時期五凶爆闘という合作イベントがありましてね(ぉ) まぁそのイベントで私の東方熱を全部持っていかれたような(ちょ
 ……は言い過ぎかもしれませんけどまぁ何が原因か知りませんが、それらを含めて東方は『はまりたくても、はまれない』作品の一つになっちゃていますね。
 あ、登場キャラクターはもちろん好きですよ。
 ただゲーム本編とアレンジの設定がゴチャゴチャになっているので主人公の霊夢と魔理沙ぐらいしかよく判らなかったり(汗)

 でも東方はやってみたいという衝動はあるのでも、しプレイをするのだったらブログとかネット活動を一旦全部止めて兎に角ゲームに集中すると思いますし、その間インターネットは一切繋げないです。
 まぁそれぐらいしないと多分嵌るに嵌れない作品になっちゃってますので。

 東方好きの方が見て不快に思われたらすみません(汗)
 別に嫌いってわけでもありませんし、アンチというわけでもありません。
 作者のZUNさんが東方や同人に対する姿勢は竜騎士さん以上に共感しますから。
 ただそれを別にしても今のところ東方は『はまれたくても、はまれない』という感じが強いです。
  
 プレイ、できるのなら是非してみたいですけどね。
 いつまでもこんな宙ぶらりはあれですし(汗)

 ただこれからいくつかやることもあるので、それと平行してできたらいいなぁと思っているんですけど。うーん。
 

2009/03/19 17:01 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |