FC2ブログ

ポニョと時かけ

こんにちはー。
現在圭魅SSのプロットで纏めつつ来週23日の観鈴ちんの日用SSをちまちま書いてます。観鈴ちん用SSは完成できるかどうかちょっと微妙ですが^^;
あ、キリ番絵も構想中ですよ(滝汗)

今日宮崎駿監督の『崖の上のポニョ』が公開されますね。まあ公開中に一度見に行きたいですが。
それはそれとして(ぇ) 今日フジテレビ系列でアニメ版『時をかける少女』を放映されます。まあ『時をかける少女』略して『時かけ』自体は去年も放映していましたのでそれ自体はいいのですが。
ちなみに補足として劇場版『時をかける少女』は筒井康隆先生の同名の小説でアニメ版は筒井康隆の原作から時間経過した作品です。でその監督が私のブログでも押している細田守監督です。
で、『崖の上のポニョ』と『時をかけている少女』が同じに日に(溶媒はどうあれ)放映されることに非常に面白いです。
そもそも『時をかける少女』の劇場公開の日にジブリの『ゲド戦記』だったのでよく比較されてました。

さて本題。
なぜフジテレビはポニョ公開日に時かけをぶつけたか、ということです。
たまたまといえばそれまでですが宮崎駿監督と細田守監督、実は意外に接点があって『ハウルの動く城』の当初の監督は細田守監督でした。それが色々なことがあって降板。で宮崎駿監督が『ハウル』を作って今に至るわけなのですが。

実際時かけは美術の山本二三さんをはじめジブリに携わってきた人が多いようで、本編中に出てくる二三さんの描く入道雲はラピュタの時の背景を思わせるような出来映えです。

そういう経緯を知って観ると非常に面白いかもです。
フジテレビはもちろんのことそれを容認した時かけのスタッフは非常に洒落が効いているなぁと少し感心しました。
ここで時かけを放映しますかw



























というかフジテレビはあれだけ大々的に宣伝をして『踊る大捜査線』シリーズの亀山Pプロデュース、世界のGONZOがアニメーション制作、原作宮部みゆき、脚本『コードギアス』などで有名な大河内一楼先生、キャスト、主題歌は有名どころなどえらい金をかけた劇場アニメーション『ブレイブ・ストーリー』を押すのを諦めたのでしょうか(´・ω・`)(ぐしゃ!


2008/07/19 19:17 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |