FC2ブログ

いくいさんとひぐらしのなく頃に祭

ひぐらしのなく頃に祭 お持ち帰りぃ~セット(限定版)ひぐらしのなく頃に祭 お持ち帰りぃ~セット(限定版)
(2007/02/22)
PlayStation2

商品詳細を見る


こんにちはいくいです。
今日はWにーにーの日であり去年はCS版の発売日でもありました。
Wにーにーの日は間に合わないので(それを言ったら3月のイベントも微妙ですよ(汗) 魅ぃSSもまだ完成してませんし><)ひぐらし祭について語りたいと思います。
丁度一年たちましたし、もうそろそろ色々言っても大丈夫かなと思い書きます。
不快に思われる方ははじめに言っておきます、すみません。
ですのでCS版を嫌悪されている方、または原作の方がお好き方はスルーお願いします。



さてCS版です。
実際私はCS版に思い入れというのは買った当時も全然ありませんでした。だた新シナリオ追加したぐらいなんだぁーってぐらいに思っていました。
ただ当時私梨花ちゃん長編SS『酒嗜み編』の執筆、及び去年の圭魅SSに投稿しました『コンプレックス・イマージュ』を書いていました(時間ができ次第この二つもブログにあげます><)。
しかも当時『酒嗜み編』は竜騎士さんの賽殺し編との一騎打ち! と意気込んで書いていましたので『礼』すらやっていませんでした。

でしばらくしてからCS版について色々言われる記事が目立つようになり、07th掲示板のみー掲示板でCS版での記事、及び炎上が起こってしまいました。

私は当時蚊帳の外にいたのですがサンクリ等でお世話になりました姫山裕梨さんのサイトでCS版の記事を書いたところ、これまたサンクリなどでお世話になりました春華さんが納得されたようでその記事を少し手直ししてこんな記事を書きました。




こんにちわ梨花ちゃんスレッドに滞在しているikuiと言います。
こちらを使うのは初めてで緊張しますがどうかよろしくお願いします。
さて私が今回こうして書き込んだのは『祭』と『礼』についてです。
姫山裕梨様のHPの掲示板でこの意見を書きましたら圭レナファンでこちらでもお世話になっている春華様のCS版に対する怒りが沈静化されたようで、こちらに書き込んでみてはいかがですかとレスがありましたのでこうして書き込んでみました。
これはあくまで私の意見ですので全てを鵜呑みにせず聞き流してくれたらと思います。
もともとCS版『ひぐらしのなく頃に祭』は『ひぐらしのなく頃に礼』が発売される前に発売する予定でした。確か『祭』の発売日予定日が12月22日で(朧気なのですみません)、『礼』の発売日は12月31日でした。
ですが『祭』は延期になり『礼』が先に発売されてました。
つまりプレイする順番が逆になりました。
それこそが今回の騒動の原因ではないでしょうか。
 
私は『礼』発売後すぐに購入いたしましたが、魅ぃ掲示板内での『雛見沢物語』でSSの連載をしていて直ぐにはプレイできず、結局3月3日の梨花ちゃんの日までお預けになっていました。
『礼』をプレイする時には既に『祭』での酷評を至るところで見ることとなり、STHY様が立ち上げたこのスレもその一つです。
そんな中『礼』をやりまして非常に面白かったのですが、この時私は妙な納得をいたしました。
それが先程発言したプレイする順番が逆という意味です。

もともと『礼』は竜騎士07様の制作日記内では作るかどうか躊躇していたと記述していましたが、『礼』は完成し、発売されました。
もしかしたら竜騎士さんはCS版の内容で荒れると予想していたのではないでしょうか。だからこそ『賽殺し編』『昼壊し編』を執筆したのだと私は思います。
『賽殺し編』は本来『祭囃し編』、CSの『澪尽し編』の以降の物語でありその展開はプレイされた皆さんが存じているかと思います。
梨花ちゃんが夢の世界に飛ばされた、というのはifの世界。つまり『澪尽し編』に準じる世界なのではないでしょうか。物語の終盤、母を殺すか羽入を殺すかという衝撃な展開がありますが、それは母=本編、そして羽入=CS版ではないかと私は思います。
梨花ちゃんは元の、母のいない世界に戻ってきます。そしてレナは言います。 
『みんなで勝ち取った世界』だと。
つまりどれだけCS版で展開が陵辱されようと『ひぐらしのなく頃に』本編はPC版でしかない。そしてこの原作の世界こそが正解だと示唆しているようです。
それは『澪尽し編』の否定を意味します。つまり竜騎士07様は本編にてその真意を説き、答えを導き出したのではないでしょうか。
私は『賽殺し編』をプレイしてそう思わずにはいられませんでした。
プレイされた皆さんがなぜ『祭囃し編』の後に『賽殺し編』のようなベビーな物語をぶつけたのか怪訝に思う人も多かったと思います。でもそこには『祭』の存在が抜けていたのはないかと私は思うのです。

一方『昼壊し編』ですがこちらは竜騎士07様から圭レナファンに対する謝罪とレナを嫌いにならないでという想いを籠めた作品なのではないかと思います。
『祭』ではレナの扱いが不遇と監修の立場である竜騎士07様は『昼壊し編』を執筆される頃には存じていたと思います。そして同時に悔しく思われたのではないでしょうか。
そこで竜騎士07様は圭レナファンに向けて今作を書いたのではないでしょうか。この作品ではレナは相手に合わせようとします。自分の好きになった人にはとことん尽くす女の子です。
そしてレナは圭ちゃんに告白します。
自分から相手に合わせようとするというのはレナの一番初めの根源にあたる部分ではないかと思います。
そして本編のメッセージは多分ですがどれだけCS版で圭ちゃんとレナの仲を引き裂き、メインヒロインが魅ぃちゃんであっても本編は圭レナ、というアンチテーゼなのではないかと思われます。

私がこれまで書いたのはあくまで私の考えた机上の推論にしかしれません。ですが『祭』を『澪尽し編』までやりおえて憤慨している方はぜひもう一度『礼』をやられたらいかがでしょう。
多分それこそ『賽殺し編』『昼壊し編』の存在する本当の意味があるかと思われます。
長々と失礼しました。

余談ですが礼という字を辞書で引くとお辞儀や感謝の気持ちを表す言葉以外に守らなければならない作法、または作法に従っておこなわれる儀式とされます。
つまり、そういうことだと私は思います。
前者二つは『恋罰し編』、そして後者二つは『賽殺し編』『昼壊し編』と当てはめてみるといかがでしょうか。




実は裏話としまして修正キーを入れるのを忘れましたので編集ができなかったのですが(笑)
まあ当時はそういうことを言える状況ではなかったですけどね(汗)
幸いなことにこの記事がきっかけになって自体が沈下するきっかけになりましたので非常によかったと思います。

さてここからは今私が感じるCS版についてです。
当時の記事の考え方といいますか、それは変わっていないのですがこの記事で自ずと圭魅ファン、及びCS版のファンのフォローはできなかったのは、ちょっと悔やまれます。
07th掲示板でCS版の話題スルーという流れができたのは私にも一因があると思いますので(少なくとも↑の記事はそう読み取れます)。

私はCS版、及び澪尽し編はあってもいいと思います。

確かに描写とか色々不備な点はありましたけどそれはライターさんの実力なので養護はしません(同じ書き手としましてばっさり切ります)……でもそれは私が竜騎士さんのPC版ひぐらしを先にプレイしたからであってCS版からひぐらしに入ってきた人もいますし、実際そういう人も知っています。
事実赤坂はCS版の方が好きでした。
だた夏美ちゃんとか登場あれー(・3・)だったんですけどね(ちょw
それにこの澪尽し編で梨花鷹に目覚めた人も知っていますし(・ー・)

澪尽し編は魅音尽くし編と言われてます。まあ実際魅ぃちゃんの活躍って原作版ひぐらし本編の中だとサブキャラでしかありませんでしたからね^^;(綿流し、目明し編は事実詩ぃちゃんの話でしたし(汗))
祭囃子編のキャッチコピーでもあります『最後ぐらい幸せな夢を』と私は思っています(汗)

レナの扱いにつきましては……今更言うことでもありませんがアペンド版のお疲れ様会でそれをネタにするぐらいなキチンと配慮すればって思いました。
事実アペンド版につきましてもいろいろと思うところがあるのですが…まぁ言っても同じことの繰り返しですので(汗)

だからこそ今の07th掲示板は殺伐としているといいましょうか、そんな風に見受けられます。
この件をきっかけに私の前でいろいろな問題が発生してしまいましたので(汗)
人気投票がトラウマになったのもこの時からですね。

そしてDS版でひぐらしが発売されるとのことですが、私としましては微妙ですね。
DSまだ持っていないので(マザー2を勧められましたけどね(・3・))買わないと思いますが、次に同じ事態に陥った場合私は対処できません。
CSの件で何かを学んでいれば問題は起きないと思うのですが、それ以後アニメ版、実写版など違う溶媒で発表する度に色々言われるので(予想外といいますかそんな出来事も起こってしまいましたし)……それは難しいですね。

メディアミックスの基本はそれぞれ溶媒は同じでも本筋は違うものでそれを楽しむもの、と私は思っているのですけどね。

最後に……実はこのCS問題が一番スレ主らしい行動をしていたいくいん(爆)


2008/02/22 19:28 | 未分類COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

コメント

こんばんわ☆

こちらでは久しぶりになってしまっていますね(汗)こんばんわ、コミケンです。

今回のアペンド版。買いましたよ。ぶっちゃけましょう!泣きましたw泣いちゃいましたよ。

正直、“?”なところも相変わらずですよ。相変わらずではありますが、それはIFの世界でひぐらしでは『可能性として』ありうる世界でもあります。その可能性は誰が決めるのかはひぐらしファンであり、読者であります。NOであればNOですし、YESであればYES。人それぞれですよ。賛否両論はどれに対してもあります。(それは私の仕事柄、すごく理解しているつもりです。)

それにBTさんも一応『CSはCSの良さがある』とうたってあります。これは明らかにフォローであって、鎮火させるための消火作業としか思えないのも事実です。でもそれを避けられなかったのは、致し方ないこと。

竜騎士07先生も『監修』という名の下にCSの制作に参加したのも事実。それを知った上で、なぜこれを承認したのか、という議論もあったかと思います。いくいさんの考えが本当であれば、先生もフォローをされたかったのかと思います。まぁ祭が発売されたのは後になりましたから、言うなれば、礼は火事対策だと思っています。まぁ実際は火事が起きてしまったのですけどね。

私自身、感情移入しやすいタイプなので、CS版にも心を動かされましたが、それはあくまで、CS版と割り切っての想いです。
IFの世界を楽しんで欲しいという意味では、竜騎士07先生もそう願ったはずです。そうじゃなかったら、竜騎士07先生が認めるわけがないと断言します。
いつだったか、最近だと思いますが、先生の制作日記で『ゲームのクリエイター』についての述べられています。これがもの凄くメッセージ性を伝えたがっているような気がして成りません。きっとこれは『祭』にも繋がってくると解釈しています。勝手な解釈ですけどね(汗

正直、今回のアペンド版、澪尽しのお疲れ様会で言い訳がましいシーンが見られました。何というか、祭という作品を見せたい!というのであればそういうシーンは入らなかった気がするんですよね。それはちょっと残念でした。
話が良くまとまってませんが、簡単に言うと、もっとメッセージ性を込めて欲しかったな、とそう思います。
と意味無く私の意見をの述べさせて頂きました。
あ、あと人気投票の件、確認しました。・・・難しいところですね。。。それも人それぞれの意見なんでしょうなぁ・・・。

それでは失礼します。

No:167 2008/02/27 21:55 | コミケン #pKsVoeic URL [ 編集 ]

No title

結局アペンド版買ってないにっしーです。先日は色々とどうもでしたー!

DSはどうなんでしょうね。弟が持ってるので買ってしまいそうですが、私は楽しむ方向で行きますw
本家のほうでは炎上しないことを祈るだけです。。

ところで、ikuiさんのブログをリンクしたいのですが大丈夫でしょうか。
リンクフリーとは書いてありましたが、やっぱり聞いたほうがいいと思いまして。


それでは、失礼しますねっ!

No:166 2008/02/23 00:23 | にっしー #8x/lEzVM URL編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |