スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

いんぷっと中~しゃかしゃかヘイ(≧▽≦)


色々ありまして『リトルバスターズ! エクスタシー』を手に入れて、現在プレイ中です。
……と言いながら毎日起動はしてませんが(ぉ)
一番の目的は沙耶ルートなんですが、まぁ楽しみながらプレイしています。
沙耶にこだわる理由はこれといってないのですが、なんでしょう。一言でいうと非情に相性がいいのかもしれません。なんとなくですが(ぉ)
まぁこればかりは実際にプレイしてみないことにはなんとも言えません。

でもそんな最中「sola」というアニメを全巻レンタルしました(汗)
「sola」はkeyから発売された「kanon」の月宮あゆルートのシナリオを担当された久弥直也氏が原案の作品で、まだDVD1巻目を視聴しただけですが随所に「kanon」の頃のkey臭が溢れています(ぉ
続きを観るのが非情に楽しみな私です(・ー・)

あ、それと『屍鬼』というコミックスを購入しまして、現在時間が空いているときに少しつづ読み進めています。原作は小野不由美さんで新潮文庫から同名の小説がそれです。購入しようとおもったら上下巻に分かれていていました^^;
ちなみに小説版につきましてはkouta様のブログで『屍鬼』の感想などが書かれていますのでよろしければこちへ→http://kouta7714.blog33.fc2.com/blog-category-0.html(ネタバレ注意です)
とりあえず図書館を除いてなかったら購入、というふうになると思います。
漫画版の作者は藤崎竜とこれも以前週刊少年ジャンプで連載されていた『封神演義』の作者です。
キャラデザインは美形が多いのでキャラデザインだけみれば男性向けではないのですが、中身が非情に濃くて、とにかく深いです。
『屍鬼』の画風は掲載雑誌がジャンプSQということもあってか、かなり尖った作風です。
背景がとても丹念に描き混まれているのですが、その中で登場するキャラクター達が漫画的なシルエットなため妙な違和感、アンバランスを感じます。
でもこれは故意にしているものだと思います。サブキャラクターは萌え作品にはまず登場しないだろというようなリアルさがあります。これがかなりの人間観察と画力がないとできないことであり(もちろん原作の力もあるのですが)やっぱりフジリューは流石っ! と思わずにはいられません。
また漫画の後書き漫画に関してましては『屍鬼』という作品が緊張感を持った作品なので、それを緩和するような感じです。これは07thexpansionの『ひぐらしのなく頃に』出題編での『お疲れ様会』に非情に近いポジションにあたると思います。
気持ち的にリセットするというかなんかそんな感じになります。

とかそんな色々とインプットをしているのアウトプットをする暇が、あぅあぅorz
まず『Re:酒嗜み編』解説が遅れてます。もう一ヶ月ぐらい停まっています。
そしてARIASSorz
ARIASSはもうあらすじは私の中ではもう決まっているのですけど…なんでなんでしょう(汗)
オリジナルは年内に一本書きたいです。
一応こういう話にしようというのはなんとなく決めています。今回は投稿を目安に作ろうと思っています。でも小説家になる、というよりは実験という方が正しいかもしれません。
まぁこちらに関してはいずれ日を改めて。
ひぐらし長編『みぃたん』も停まっています(汗) こちらはもうすぐで停まってから2年になります(ぉ)
みぃたんに関しては一度ひぐらしの設定を整理しないところからやらないといけませんので(汗)
まぁうみねこ長編『Song of~』『end of~』と言った徹底的に替えるということではないので、楽といえば楽ですが、年内には完成とはいかなくても目処はつけたいところです。
うみねこ長編はもうはじめから長期的に進めているのでこれは焦らなくても別にいいです(ぉ)
……あれ、私key10周年記念SSとか書く暇ある? と今書いていて思いました(ちょ

まぁ07thの掲示板に行ってからはアウトプット作業が多くて正直インプットしたくてもあまりできなかったことがありますので、なので今は色々な作品や映画、漫画、小説などを見て、読んで、考えて自分の中で消化してアウトプットしたいというのはあります。
まぁその文レビューも増えるのですが(汗) 
というかそもそも『喰霊-零-』と『シゴフミ』のレビューがまだ途中ですね(汗) 特にシゴフミは『Re:酒嗜み編 第10話 由々しき回答集』に影響した部分もあるのでそれらを交えながら書きたいです。
まぁ2月に入ったら本気だすということで一つ(ぉ
こんな色々と遅れ気味の私ですがもしよければ気長にお待ちくださいです(^^;)

ではではーつらつらと書き進めていましたが最後まで読んでいただきましてありがとうございました。
最後に

いざダンジョンへっ!(>ω<)ノ(ちょ


ではでは~
スポンサーサイト

2009/01/31 10:46 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

なんだかんだ

 特に書くこともないので以下返信です(ぉ
 あ、Re:酒嗜み編の解説遅れて本当にすみません(滝汗)
 なんか最近どんどん遅らせ気味で自己嫌悪orz

 ※追記
 あ、新作オリジナルSSですがなんとなく削除しました。
 すみません><
 まぁノリで書いたSSですので(汗)
 

続きを読む »

2009/01/25 23:43 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

(´・ω・)_且~~

相互サイトのにっしーさんからバトン回ってきたんですけど、ちょっと時間がないのでパスで(汗)
バトンを回すのはともかくチェックするのがあれですので^^;
ということでにっしーさん、ネトラジでも競演する手順でもメッセとかで話し合いましょうか(・ー・)(ぉ

 まぁバトンを回さないのは置いておいてせっかくの機会ですので5人ぐらい相互サイト、お気に入りサイトの絵師の方を紹介したいと思います。

・文月いめりさん
・あくぁまりんさん
・ののかさん
・了さん
・姫山裕梨さん

 全員07th掲示板内で知り合いました。そこから興味を持ってサイトを訪ねて行ってという感じです。

・文月いめりさん

 この5人の中ではあくぁまりんさんに並んで一番最初の頃に知り合ったんじゃないでしょうか。確か07th掲示板内での各ファンスレ内で合作を作る企画、四凶爆闘に当時のスレ主に誘われて梨花スレで来たときが最初でした。
 またここ最近は商業でもイラストを描かれてまして、有名なところだと声優の釘宮理恵さんが声を当てた「ツンデレカルタ2008」のカルタ一枚を描かれています。
 育児との両立が大変そうですが、合間を縫っては精力的に活動をしています。
 一昨年はお忙しい中07th掲示板内での各ファンスレで合作を作る企画、五凶爆闘の梨花スレ合作の挿絵を描いてくださって本当に感謝でしたm(_ _)m
 あと去年はひぐ大用SS『蜩の鳴く頃に』の挿絵を描いてもらいました。色々とご多忙の最中、本当に描いてくださってありがたかったですw
 
・あくぁまりんさん

 出会った頃といいますといめりさんとほぼ同時、ぐらいでしょうかね。それからちょくちょくあくぁまりんさんのサイトに訪れてはお世話になってもらっています(最近、なかなか足跡が残せないでいます(汗))
 出会ったころに比べて格段に画力、色彩が上がっていますw 
 BackFire様企画のsystem [DA,BA]という同人カードゲームにもひぐらし絵を一枚描かれています。こちらにはののかさん、了さんもひぐらしのイラストカードで描かれていますのでもしよければぜひw(ののかさん、あくぁさんはイラストの一部をパッケージに仕様されています)
 あと私の書く作品を好きでいてくれてまして、感想をもらうたびに本当に嬉しく思いますw
 あくぁさんにも挿絵してもらう予定のSSがいくつかあるのですが停まっています^^;
 いえ、完全に私のせいなんですが(汗)
 一つつづ消化していきたいです。

・ののかさん

 ののかさんの出会いは確か……ひぐらし掲示板内だったような気がしますが正確にはののかさんのサイトに訪れてから、でしょうかね。
 ののかさんは最近「リトルバスターズ!」の商業アンソロをいくつか掲載されています。読むととてもまったりする気分になります(ぉ
 日向ののかという名前で掲載されていることが多いので気になった方がいましたら一度是非お尋ねくださいです
 またkeyも所属している会社、ビジュアルアーツから発行している無料の情報誌visualstyle内で行われた「リトバス! イラストコンテスト」において見事シナリオライターの麻枝准賞を受賞、現在閲覧可能なvisualstyleでは4コマ連載を開始しております。
 今後の活動に楽しみにしていますw
 あ、それとそろそろリトバスやりますね(汗)

・了さん

 了さんもひぐらし掲示板内でしたが他の方と違いチャットかなにかで…だったような、ちょっと記憶が曖昧ですが(汗)
 了さんは現在ひぐらし奏という同人ゲームを作っていまして、今か今かと完成を楽しみにしているのが私です(ぉ
 あとブログで書かれて、感想を述べているアニメ作品が意外と被ることが多く、「シゴフミ」「空の境界」「喰霊-零-」なんかは全くその通りと心の中で頷いています(ぉ
 了さんのご活躍もこれから楽しみにしています。
 あ、私事ですけどそれといい加減「シゴフミ」と「喰霊-零-」のレビューしなきゃ(ぉ

・姫山裕梨さん

 さて最後に紹介しますのは姫山裕梨さんです。相互サイトの欄に入れるのは意外と遅い方でしたが交流はいめりさん、あくぁさんと同時期ぐらいで07th掲示板内の絵版での「ひぐらしのなく頃に」の竜宮レナと「月姫」の遠野秋葉のイラストに感動してイラストにコメントを書いたのが始めだったと思います。
 姫山さんは現在ひぐらし、うみねこの同人誌とオリジナルを制作していて、とても精力的です。
 何度か直接お会いした機会がありましたが創作活動に対する熱い想いが非情に詰まっていた方でしたw また会いたいですね。
 今回紹介しなかった黒鴉さん、春華さん、起動さ、ちーたさんとも機会があればまた会いたいです。夏あたりにw

 
 他にも紹介したい方は沢山いるのですが、とりあえずここまでです。
 別にバトンがどうとかという話ではないですので~。
 
 あとkey10周年記念SSですけど…ちょっどどれにしようか本当に悩んでいます(汗)
 今のところkanon、クラナド、リトバスEXのどれかですね。
 同じスタッフが作ったONE,MOONは厳密にはKEY作品じゃないので今回は外します。
 また他にプラネタリアンという作品もありますがこれは難しいですね(汗)
 あと智代アフターという作品は創ると10周年記念SSというより本格的に智代アフターの同人誌を作りそうな勢いがあるので今回はパスで(汗)
 airは去年作りました「ARIA」でひとまずしたいことは全部やったので一端お休みです。
 ということで上記3作品どれかです(汗)
 まぁこの中ではリトバスEXまだやってないのでまずは購入ですかね。あとクラナドやkanonも忘れているところがあるのでできれば……って全部(汗)
 まぁ購入はともかく(ぉ)、key10周年記念SSは年内をめどに作っていけたらなぁ~と思っています。

 ではでは長々と失礼しました!

2009/01/24 12:43 | 未分類COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

10周年


ということでこれまでとらドラの応援バナーを貼っていましたが、色々ありまして変わりにkey10周年記念イベントバナーを貼りました。
バナーの行き先はどこも同じですので気分によってクリックしてください(ぇ
久しぶりにこんなことをして、ああやっぱりkey好きなんだなぁ…とちょっと再認識しました(ぇ
それと本当に久しぶりにコンプティークを購入しました。

コンプティーク 2009年 02月号 [雑誌]コンプティーク 2009年 02月号 [雑誌]
(2009/01/10)
不明

商品詳細を見る


購入したのは多分2,3年ぶりかもしれないです。未だにらき☆すたが連載していて吃驚しました(ぇ
で購入した目的は付録についているkey10周年を祝っての特集本が読みたいがために、です。
読んだ感想ですけどシナリオライター麻枝准さんのロングインタビューがかなり面白かったです。いろいろぶっちゃけすぎちゃって自重してないのが逆によかったです(・ー・)
keyファンにとっては必須のアイテムになるのではないでしょうか。ONEの頃についても触れてましたから。ただ『ONE~輝く季節に』の副題が『ONE~永遠の約束~』とONE2の副題とごっちゃになっていた誤字が気になりました。故意ですか、コンプ編集部の皆さん(・ー・)

とはいえkey10周年ですか…実際にkeyを知って初プレイをしたのが2003年か2004年頃に購入したPS2版のAirからだったので大体6年近く経つんですね。
まぁそれから色々ありまして今手元にあるのは『プラネタリアン』のパッケージ版しかないのですが(ぉ
あ、でも『クラナド』と『リトルバスターズ!』のVFBはなぜか今も手元にあります(汗)

key10周年ということでkeyの作品でSSを書きたい欲求もあるのですが、その前に色々とありますのでちょっとずれ込みそうです(汗) 
それと私の書くSSは最近どうも長くなる傾向があるので(汗)
去年AirのSSを書いた『ARIA』も当初の予定ではかなりお気楽な感じのSSにする予定だったのがいつの間にか原作を後追いするようなSSになってしまいましたから(汗)
でも仮に今keyのSSを書くとなると…ちょっと色々難しいなぁと思ったりします。キャラクターをどう動かしたらいいかとかいざ考えると。事実『ARIA』もそれでかなり苦労しましたので(汗)
原作が手元になかったので結局京アニ版Airを観ながら、wikiやニコニコとかを参照しながら細かいところを詰めたりしました(汗)
でも『リトルバスターズ! エクスタシー』の朱鷺戸沙耶ならなんとなく描けそうな気がします。エクスタシーやったことがないのですけど(ぉ

まぁまずやるにしても色々取りかからないとダメだというオチが突いたところで失礼します(ぉ
あ、応援バナーは3月1日か2日になりましたら外します。

2009/01/19 18:39 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

感想

ダークナイト 特別版 [DVD]ダークナイト 特別版 [DVD]
(2008/12/10)
クリスチャン・ベールマイケル・ケイン

商品詳細を見る


今更ながら『ダークナイト』を鑑賞しました。
唖然としました。
最寄りのレンタルショップにある『ダークナイト』のPOPに『覚悟しろ。度肝抜かれる』と書かれてあったのですが、まさしくその通りでした。
ただしエンターテイメント向けかというと『メメント』のクリストファー・ノーラン監督版バットマンシリーズは不向きと言っていいでしょう。
エンターテイメントの定義で言えばティム・バートン監督版のバットマンの方が向いているではないでしょうか。
でもエンターテイメントの定義とは一体なんでしょう? 観客に不快な思いをせずに娯楽作品としてあるのがエンターテイメントでしょうか。それとも受け入れない人がいても、常に考えることを訴える作品がエンターテイメントでしょうか(ただしメッセージ性もなくただ観客に不快な思いをさせるだけの映画は映画ではありません)
もっともこの『ダークナイト』のヒースレジャーが演じたジョーカーはティムバートン版のジャック・ニコルソンが演じたジョーカーとあえて対極にしたんじゃないかな、と思います。
特にヒースレジャーの遺作となっている本作はまさしくヒースレジャーが本編約2時間半近くある本編を駆けずり回り、荒らしに荒らしてその存在感は観るモノに影響を与えたことは事実です。
なぜジョーカーが『ダークナイト』のパッケージになっているのかずっと気になっていましたが本編を見て、納得しました。

本作が賛否両論なのはひとえに従来のアメコミ映画のようなエンターテイメントではなく、勧善懲悪とは何かを訴える作品だからではないかと思います。
自ずとその存在とはなにか、善悪とはなにか等を訴える作品で、だからこそ『シリアス過ぎる』『これはアメコミのバットマンじゃない』と言われることも仕方がないと思います。ただそれはクリストファー・ノーラン監督を始めスタッフ陣が自覚していたんじゃいかなと思います。
まず対極にある存在のティム・バートン版のバットマンがあったからこそあえて対極にした、と言っていいでしょう。

あとアメリカでは『タイタニック』を抜く程の商業的成功を収めた本作ですが日本では同時期に『崖の上のポニョ』を公開していたためかどうか知りませんが商業的には失敗しました。
でも皮肉なことに『ダークナイト』には『崖の上のポニョ』の監督をした宮崎駿のオリジナル処女作『風の谷のナウシカ』のイデオロギーが内向していた気がしました。
逆にそれだけ日本人は考えるということに対して避けている、と言っていいんじゃないかと思います。
これは映画であれ、アニメであれ、ドラマであれ言えることでありここ数年顕著になっている事柄じゃないかと思います。
と同時になぜ日本の映画で安易な物語が氾濫としてあるのか、本作を観てなんとなく判ってしまった感があります。もちろん好みの問題があるでしょうけど考えることを放棄した映画やゲーム等が洋々としていることではないでしょうか。

もちろん『ダークナイト』本編でも目につく所はありますが、それでもヒースレジャーが演じるジョーカーが本編のキャラだけになくフィルムの向こう側にいるはずの観客を意識して訴えるような狂気的な演技、またそれに葛藤しながらも立ち向かうクリスチャン・ベールマイケル・ケインが演じるバットマン、そしてそれらを創り上げたクリストファー・ノーラン監督らスタッフに脱帽します。
だからこそこのスタッフの次回作が楽しみと思いつつ、ヒースレジャーが亡くなった事に対して本当に残念でなりません。でもその想いがフィルムに凝縮していることもまた事実です。
好みはありますがもしこれまでのエンターテイメントに不満を感じている、物足りなさを感じている人がいましたら是非とも一度ご覧になることをお勧めいたしまします。
ちなみに私はヒースレジャー演じるジョーカーに、バットマンに完全に屈服しました。
屈服することがここまで清々しいとは思いもしませんでしたけど(笑)

また本作と類似しているわけではありませんが去年秋頃に放映されていたあおきえい監督のTVアニメ『喰霊-零-』にも視聴して似たような感想を持つようになりましたが『ダークナイト』の感想が思いの外長くなってしまったので『喰霊-零-』につきましてはまた後日です^^;

あ、それと2万1000HITありがとうございます! 
相変わらずなにもなくてすみませんm(_ _)m 
Re:酒嗜み編の解説も遅れています(汗)
ARIASSもなかなか取りかかれないです(滝汗)
では以下返信です。

続きを読む »

2009/01/17 12:48 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

出会いと別れ

ネットを長いことしているせいでしょうか。
それとも07tn板で一時スレ主をやっていたせいでしょうか。
この時期になると出会いと別れについてよく考えるようになります。
本来なら卒業シーズンの3月が主流なんでしょうけど(汗) まぁ私自身ひぐらし掲示板から去ったのが確か去年の今頃だったと思うので。

人それぞれ道があります。
全員が全員仲良く続けばいいとは思います。
でもそれはちょっとしたきっけで壊れることもありますし、また人それぞれ考えることは様々。
だからこそ別れもあります。
特にネットに関して言えばリアル以上に人の繋がりは薄いです。
ネットに繋げなければ一生関わることはできずに別れることになりますからね。

でもそれは私も、相手も人間だから色々考え、そして決断するのでしょうね。
だからそれは作品を読んだ感想が人それぞれのようにその考え方も行動の仕方も人それぞれなのでしょう。生き方も人それぞれなのですから。

だからこそ最後ぐらいは笑ってさよなら、と言えれば理想ですね。
それはキチンと挨拶をすることによって自分の気持ちの中で整理を付けることになりますから。
丁度ついこの間まで連載していたひぐらしSSの『Re:酒嗜み編』なんかもそのことについてちょろっとテーマとして書きました。

別の道に行く人もいればそこに留まる人もいます。
どちらが悪いというわけではありません。どっちが正解・不正解というわけでもありません。
ただどちらか一方的に「いつまでそこにいるの?」「もういい加減そこに留まる必要ないんじゃないの!?」と端から言うのは間違っています。
それを最終的に選択するのは、その人の問題なのですから。

では以下返信します。Re:酒嗜み編の解説が遅れて申し訳ありません><;

続きを読む »

2009/01/10 15:59 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

Tanks/you ~est(+ep4)

 
 WAVEはひぐらしのほぼ出題編の頃にアレンジ音楽CDを出した同人音楽サークルの一つであり、後のひぐらし、うみねこの楽曲者の一人であるdaiさんと一緒に音楽を作ったりしています。ただ影ながらの協力なためうみねこをプレイしている方はあまり存じていられない方もいるかもしれませんが。

 去年WAVEの一人であるRio様が他界されまして、実はそれ以後WAVEから自ずと距離を置いていました。丁度AirSS『ARIA』を執筆し、ブログで公開したあたりから、でしょうか。
 なぜ距離を置いたのか私にも判りません。色々とリアルのほうでごたごたがあったと言えばそれまでですし、真意のほどは判りませんがWAVEから距離を置いていた、そのことに変わりはありませんでした。

 季節は冬、うみねこep4を購入と同時に何かないか最寄りの同人ショップの店内を闊歩していたところWVAEの冬コミ新作『est』と邂逅しました。先ほども仰いましたとおりWAVEから距離を置いていたため、冬コミ新作がどういうCDなのか全く存じていなかったのですが、ふと購入しました。
 そして聞きました。CDはWAVEのベスト・オブ・ベストアルバムというもので懐かしい、聞き慣れた曲のアレンジがありました。新曲もありした。その中で「you」が収録されていました。

 [you」とはdaiさんの代表曲の一つであり、ひぐらしの代名詞の一曲でもあります。そしてその楽曲は広がりをみせ、詰まるところニコニコ動画とかでも氾濫しているほどの曲になって、もはや楽曲が良くも悪くも迷走していました。
 でもestに収録している[you]は間違いなく[you]でした。それはボーカルが「you」を一番最初に歌われている癒月さんというものもあるのですが、それとは別に純粋に聞いていて感動した私がいました。
 別に他の人が歌われているyouのことを否定しているわけではありません。
 ただ私にとってyouとは2005年夏にとらのあなの通販で始めて購入した『Tanks/you』が始まりであり、今回の『est』はその始まりを再確認する意味でも、よかったと思っています。
 意を決してやっとWAVEの『songs.』を購入しました。正直まだ箱を空けただけでCDを開いていません。なぜでしょう? まだ中身を聞く勇気はまだ少しありませんが……できれば今夜にでもゆっくりと聞きたいと思います。

 長くなりましたがWAVEについてどうしても語りたくなってしまいました。
 WAVEは私にとってひぐらしにはまった原典の一つでもありますから。
 それと2万HIT、及び19999HITの方の名乗りがありませんでしたのでキリ番は次回3万HITの時にに持ち越ししたいと思います。
 即ち次回は30000、30001を踏んだ方にキリ番の権利ありますので、もしよければお願いします。
 返信ありがとうございます。最近時間がなくて中々返信できませんが今週末にでも纏まった時間ができると思いますのでその時にでもしたいと思っています。
 返信遅くなりまして大変申し訳ありません。
 Re:酒嗜み編の解説の方はもう少しお待ち下さいませ。 
 まずはともかく解説を書き上げる方が先決ですので(苦笑)

 さて、先ほどうみねこep4をクリアしました。
 感想は追記の方に書かせてもらいます。
 他の方とは違う感じの感想になると思いますのでうみねこep4を純粋に楽しまれている、楽しまれた方はできればスルーしてほしいですが、自己責任でお願いします。

続きを読む »

2009/01/04 23:43 | 未分類COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

あけましておめでとうございます!

img038、,

ということで皆様あけましておめでとうございます!
去年は大変お世話になりましたm(_ _)m
今年もどうかよろしくお願いします。
まずは
2万HITありがとうございます! 
1万HITを踏んだのだ大体1年ちょっとかかったので2万HITも同じくらいかかるかなぁ~と思ったら2008年の年末に2万HITを迎えられて本当に吃驚しています。
と同時に本当に感謝していますm(_ _)m

で↑の画像ですが今年のお正月用に描いたイラストじゃなくて去年描いて色々と理由があってお蔵にしたイラストです^^; なぜお蔵にしたのかちょっと忘れましたが(ぉ
一応成長した『ひぐらしのなく頃に』の古手梨花という設定です。着物は講談社ノベルス版『空の境界下巻』の表紙の両義式を意識したものです。
今年んも年賀状イラストは描きたかったのですけど色々あって、ちょっと難しいということでこちらを再利用させていただきました(汗) 

さて去年は今思うと見つめ直した年でした。
見つめ直すというのはリアルのこともそうですが二次創作や一次創作についてのことですね。
ひぐらし、うみねこのSSについては去年で一応一区切りがついたので今年はオリジナルをメインに頑張っていきたいと思っております。
あとまず、することは天野こずえ作『ARIA』のSSを書き上げることですね。こっちもなんだかんだ言ってずるずると進めてきましたから。
あ、その前にRe:酒嗜み編の解説が先ですね^^;
それとひぐらし、うみねこ関係のSSは二度と書かない! というわけではなくどちらかというと今までひぐらし、うみねこの二次創作がメインだったので今年はオリジナルをメインにしてうみねこ、ひぐらしにつきましてはあくまで時間のあるときに、でしょうかね。
まぁサプライズでたまにポンとブログに載せることがあるかもしれませんのでその時はよろしくお願いします(・ー・)
それにひぐらし長編SS『みぃたん』、うみねこ長編SS『Song of the golden witch』につきましても続けていきますのでもしよければ気長にお待ち下さいです^^;

またうみねこSSは『Song of the golden witch』『End of the golden witech』の二部構成でお送りしたいと思います。
『Song of the golden witch』は一応『うみねこのなく頃に』出題編であるep4までを区切ってての二次創作ですがうみねこep4までをそのまま二次創作するのではなく取捨選択で使おうと思います。
簡単な例ですとうみねこep2から魔女メインの話やメタ的視点をいれた話だったりしますがそのメタ的部分を切ったり魔女メインを切ったり、また登場人物の容姿すら替えてしますかもしれません。
多分うみねこep1はそのままだと思いますがそこから07th版うみねこep2とは思いっきり派生するのではと思います。
また『End of the golden witech』は私なりのうみねこの終わりを書いてみようと思います。当初は『Song of the golden witch』のみで十分かなと思っていたのですが前振りがないと流石に緩急すぎるということで別にしました。
ただ問題は完結するのにいつになるのか判らないということでしょうか^^;
とりあえず今年一年では終わりそうにないので来年の年末あたりに終われればいいなぁと(ぉ

あ、それと2万HITのキリ番報告がないようですので19999JITに権利を移譲したいと思います。今週の日曜(4日)までお待ちいたしますのでお手数ですがブログにコメントかメールにてご報告をお願いします。
ご報告がない場合は次回3万HITの時に繰り越ししたいと思いますのでどかご理解のほどよろしくお願いします。

ではでは長くなりましたが今年もよろしくお願いしますm(_ _)m
では遅くなりましたが返信したいと思います。遅れてすみませんm(_ _)m
今年もよろしくお願いします!

続きを読む »

2009/01/01 12:01 | 未分類COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。