スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

作品を創るということ


今日で7月も終わりですね。
ひぐらし小説大賞も今日まで、となっていますので今頃スクエニへの投稿が殺到しているのかもしれません。

この頃思います。
作品を作り、形にするというのは好きとか別にして他の、『何か』に突き動かされて作るものだと。
特に同人の場合、それが顕著に表れると思います。私の作品は常にその『何か』を大切に書いています。もちろんプロットでまとめて理詰めに書くというやり方もありますが今は、特に二次創作の場合はその『何か』を優先しています。

話が見えないですね(汗)
サイトで見たのですがWAVEのRioさんが亡くなったそうです。急死、だそうです。
詳しいことはこちらから拝見することができます。
WAVEというとピンと来ない方もいるかもしれませんませんが、ひぐらしと関係が深いです。
WAVEは同人音楽サークルです。そしてひぐらし二次創作アルバム『もうかないで』を作ったところでもあります。(現在WAVEのサイトにてmp3で全てフルバージョンでDLすることができます)
私が初めてWAVEを知ったのは2005年の後半から2006の上旬頃だったと思います。当時はまだ皆殺し編の発売直後でひぐらしのアニメもまだ放映されておらず、コミックス鬼隠し編、綿流し編、祟り殺し編の3冊の一巻目が同時発売を去れていた頃で、もちろん私自身もikuiとして公式掲示板に登録しておらず(登録をしたのは確か2006年の11月頃でした)もっぱら竜騎士さんの書く制作日記とレナレナ掲示板しか見てませんでした(爆)
でもその時期にWAVEの楽曲を知りました。当時『もうなかないで』は全曲フルバージョンでDLはできず、一曲目の『あの頃のように』と二曲目の『もうなかないで』を繋いだVer.がサイトの方に公開していたのを覚えています。
その楽曲はまさしく当時ひぐらしというものが具現化したような歌でした。それはもちろん作曲されたMorriganさんや歌われたK.Junoさんの歌唱力もありますが、一番は歌詞です。……やられました。
よくこんな歌詞が思いつくと純粋に思いました。そしてその歌詞を書かれたのがRioさんでした。
またこの『もうなかないで』が発売された年が2004年12月30日、つまり目明し編が冬コミで発売された、ということも興味深いです。つまりひぐらし解が始まる前に、その答えを詰め込んだものがこの『もうなかないで』なのだったとライナーノーツでもそう書かれています。
もちろんそれからひぐらし関連の楽曲は多く発売されましたし、現在も商業などでひぐらし関連の作品はありますが(daiさんのCDについてはうみねこの楽曲も含んでいますのでカウントには外しておきました)一つだけこれはというものを上げるのならば、色々と苦渋の決断はありますが、最終的には『もうなかないで』を私は選ぶと思います。
 それはこのCDがまだひぐらし解を始まる前に発売したから、という理由ではなく一つのアルバムとして世界観が一番構築していると同時に、一番ひぐらしの出題編らしいと思ったからです。
 もちろん他の作品もひぐらしらしさを表現しているCDはありますが、出題編らしさを思わすようなアルバムにはこの作品以外あまり出会えることはありません。
 余談ですがこの『もうなかないで』は今回私が書いたひぐ大用SSに色々と参考になっています。前回ブログで書いたdaiさん、葉月なのさんの『生まれてきてくれてありあがとう』もそうですが今回のSSは出題編の頃のひぐらしの楽曲を多く聴きました。(『生まれきてくれてありがとう』は出題編ではありませんが)
 
 私とRioさんとは直接の面識はありませんし、年齢も、性別さえも知りませんでした。ただ作り手とファンの関係でした。だからこそいつもRioさんの書く歌詞とMorriganさんの作る楽曲を奏でるWAVEの作品が好きでした。
 もちろんWAVEはお二人だけではありませんが、それでもお二人の創る作品は一次や二次の垣根を越えていつも期待していました。
 Morriganさんはブログで夏コミに発売されるアルバムの制作に取りかかっているそうです。ブログの文体からも満身創痍なのは明らかです。私もできれば無理はしないでほしいと心から思います。
 でも彼はアルバムを創ることをやめません。
 この行為には賛否両論ありますが私も出来れば今は安静にしてほしいです。でも『何か』に突き動かされているのなら……仕方がないと思っています。
 それは私には到底判りませんし、多分他の誰にも判らないでしょう。それはMorriganさんにしか知り得ないことなのでしょうから。
 だから私は……何も言えません。かける言葉が見つからない、といえば適当でしょうか。
 ただ動向を見守ることしか出来ません。
 ですがMorriganさんを初めWAVEスタッフ、daiさんを初めこの度のCDを創ることで『何か』が得ることがあるのなら私は一ファンとしてそれを聞く権利があります。
 今回のCDコンセプトは『感謝、ありがとう』だそうです。
 ファンのことを思ってくれているからこそのコンセプトだと私は思います。
 
 WAVEはAirの二次創作アルバム『ARIA』を制作したり、また神尾観鈴の誕生日である7月23日限定で楽曲を無料配布したりと、Airに対しての愛情が形になって現れています。
 今年も7月23日に何かできればとRioさんの過去ログに書いてありました。
 私は現在AIRSSを執筆中ですが(遅れ気味ですが)いつも執筆中にBGMとして聞いているのは折戸さん、麻枝さん達が創られたオリジナルではなくWAVEが創った『ARIA』を聞いています。
 これは折戸さんや麻枝さん達の作品が決して悪い、というわけではありません。ただ今回のSSにおいてWAVEの作品が相性がよかったことと、『何か』に突き動かされた、それだけの話にか過ぎません。
 だからこそ今回のAIRSSはいつも以上に妥協したくありません。

 なんだかいつも以上に言いたいことがまとまらずに申し訳ありません。
 もし上記の文で不快な想いをされた方もいましたら、重ね重ね申し訳ありません。

 長くなりましたが最後にRioさんのご冥福を心からお祈り申し上げます。
 
スポンサーサイト

2008/07/31 21:24 | 未分類COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

色々とあるみたい

今年の夏コミはdaiさんの他にうみねこの作曲家さんもアレンジCDを出すみたいですね
07thの夏コミ紹介ページがありましたので載せますね。

http://07th-expansion.net/Main.htm

うみねこ本編以外のどのアレンジCDも力がこもっていて素晴らしい作品に仕上がっていますので、購入しても損はないかも、と思います。ちなみに07thは夏コミ限定かどうか知りませんが小冊子がつくそうです。
竜騎士さんの制作日記を読むと以前にもオマケの小冊子を作っていたらしく、祟殺し編発売の時に『ひぐらし読本』という……読本ですか^^; 

ちなみに私の購入予定ですが……まあ一身上の都合によりコメントは差し引かせていただきます。

さて返信します。

続きを読む »

2008/07/29 21:03 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

応援バナーを追加しました

期間限定ですがdaiさんの夏コミに発売されるアレンジCD『生まれてきてくれてありがとう』のバナー告知を追加しました。



クリックしますとTOPが表示されますのでそこから『生まれてきてくれてありがとう』の視聴ページをクリックしてください。

応援バナーというのはあまりつけないのですが今回『生まれてきてくれてありがとう』を歌っている葉月なのさん(ニコニコではnayutaさんとして活動)というのとこの曲『生まれきてくれてありがとう』は以前nayutaさんがニコニコでうpしていたのを私のひぐ大用SS執筆中のBGMとして、また私のひぐ大用SSで山場であるところに『生まれてきてくれてありがとう』という言葉を使われていますので、一方的ですがこの曲には思い入れがありまして今回感謝の意を込めて応援バナーを張らせていただきました。

正直nayutaさんが歌われてた『生まれてきてくれてありがとう』がなかったら私のひぐ大用SSも今のような形にはなっていませんので(うみねこSSである『hope』も生まれてませんでした)、今回daiさんの新作の歌手として葉月なのさんが選ばれたと知った時は少し吃驚しました。
またnayutaさん名義としても近々ソロでCD化デビューなさるみたいですしね。


2008/07/28 19:39 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

間に合いませんでした><


AirSSですが結局今週中に完成できませんでした^^;
現在執筆中ですが起承転結でいうとこと承から転のところでまだしばらくかかります(汗)
ただ無理に記念日に合わせるよりもそのSSの完成度を高めたいと思っていますので最近私の書く二次創作は時間がかかったりしています^^;
昔は記念日を一つのモチベーションにして執筆していたのですけど今は読んでもらう人に自分自身の中で納得のいったもの見せたい、という想いがあります。
結局執筆して完成し、公開するまでは一次創作であれ二次創作であれ自分のもの、って感じですが公開してからはどんな作品であり読んでもらう人のためのもの、と考えています。だから人に見せるものは今は妥協したくありません。
もちろん記念日を一つのモチベーションにして執筆するのも一つの手ですが、今の私はそっちの方法よりも精度を高めた作り方の方が合っているのかなと思っていますので。
ですので時間はもう少しかかりますがAirSS、お待ち下さい><

そういえばひぐ大の締め切りももうすぐですね。
今回はどれぐらいの数の方が投稿されているのか判りませんが、ぜひ一人でもいい結果が出ることを祈ります。
今回の私のひぐ大用作品は私の中でひぐ大用SSの一つの到達点といいますか、もちろん本になって多くの方に読んで貰いたいですが、落ちたとしても公開はしますのでようはSSの読ませ方が本かweb上だけかの違いにしか過ぎないと私は思っています。
ただ本の場合は私の想像に及ばないところまで多くの方の目に触れる、ということですからね。
なので今回私が受賞して嬉しいというのは賞を受賞することや竜騎士さん達から選んでもらい、あわよくば挿絵まで描いてもらう、ドラマCDにしてもらうということはもちろん嬉しいのですが、一番嬉しいことは本になって他の人に読んでもらうことです。

と長くなりましたがひぐ大用SSを執筆している皆様、最後まで全力を出して頑張ってください。

2008/07/27 18:46 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

いくつか紹介


今日7月25日は美少女ゲームの発売作品がおおいです。
ということでいくつか紹介します。

※紹介する美少女ゲームはすべて18禁です。
 


まずは目玉のリトバスエクスタシーです。
こちらは言わずとしれてたkeyの最新作であり、全年齢板で発売されたリトルバスターズの18禁版です。今回新たに新キャラのシナリオがあり、麻枝准さんがシナリオを担当したらしいです。
DVD2枚組、と凄い容量で中身の濃いものなっているでしょう。
また全年齢板をやられた方への配慮もあるとかないとか、です。
ちなみに私は購入は保留ということで(ぇ



次に紹介するのは5という作品です。こちらは体験版が配布されていましたのでプレイしましたところリトバスとは全く違う、初期のkanon、airなどのkey作品に近い感覚を覚えました。
もともとRAM事態がVAの直属の子会社で今回の作品を最後ということで、スタッフも豪華です。麻枝准さんが曲を書いたり、霜月はるかさんが歌ったり、シナリオではエイプリルフールでeyで有名なった魁さんだったり(ぇ
個人的にはリトバスよりも先に手に入れてやりたい作品です。



さて最後に紹介するのがこのソフトです。raiL-softはLair-softの姉妹ブランドであり今回が処女作です。こちらも体験版はあったらしいのですが……今まで気づかなかったです(汗)
かなり文体や雰囲気が特殊でさすが「腐り姫」を送り出したLiar-softの姉妹ブランドです。今回はかなり「腐り姫」を意識している感もありますけど…ただこういう雰囲気が好きな方と既存の美少女ゲームで退屈と思った方は購入されるのも一興かと思います。
あわよくばこれでLair-softがブレイクしてほしいですね(ぇ
まあTYPE-MOONから発売される『Girls work』で星空めておさんがブレイクすれば自然とlair作品も評価が上がると思いますが。
ちなみにこの作品、凄いやりたいですけど……店頭に置いてないところが多そうです(ぇ

さて以上3作品を紹介しました。
ちなみに私は購入はしません。というかDL販売で購入した『腐り姫』『forst』『キャン玉』、中古で購入した『SEVENBRIGDE』が止まっていますので……全部Liar-soft作品なんですけどね(´・ω・`)
それとAirの神尾観鈴誕生日SSも止まっていますので(汗) 
……今週中にはブログに公開できるよう頑張ります(汗)

2008/07/25 19:02 | 未分類COMMENT(16)TRACKBACK(0)  

公式掲示板について

こんにちは。
一昨日、昨日はお騒がせしてすみませんでした。

さて昨日申しましたとおり今後07th掲示板についてはいかなる話題であれブログで今後発言は控えることにいたします。
理由としては不快に思われている方がいること、そして私自身もう07th掲示板の話題をしくたない、というものです。
ですので人気投票やオリキャラ投票、また企画ものなどにつきましてもブログでは一切喋らないことにいたします。
唯一私がうみねこ掲示板で企画しましたベルンカルタスレにつきましては完成時に一言述べたいと思いますが、07th掲示板についての発言は今回を持って最後にしたいと思います。

ちなみにうみねこ、ひぐらしSSはコンスタントに発表できれば発表し、作品についても感想を述べたいと思っていますがそれ以上の発言につきましては控えることにします。
また今後07th掲示板にSS、イラスト、カキコなどはしない予定です。
ですので冷たい言い方ですが参加することはできません。

またとあるチャットに関しても入室することを控えることにいたします。そこのチャットはROMしてない方もご覧になれるチャットなのですが、どうしても言葉が過ぎるところもありますしこれからうみねこEP3発売もあって、また私の発言で嫌な思いをする方もいましたら私も悲しくなりますのでこれ以上、そのチャットにつきましては顔を出さないことにいたします。
また今度チャットに行く回数も減りますので一つけじめとして読み取ってもらえたら嬉しいです。

07th掲示板につきまでは以上をもちまして終了したいと思います。
今後とも更なる発展を心から願います。

……一言だけ、昨今の記念日や企画だらけの掲示板よりもファン同士の交流を深めてもらいたいです。地味に見えかけますが交流をすることでそのキャラのことをもっと好きになってもらえると思いますし、それこそうみねこは完結しているひぐらしとは違いまだ完結していませんのでいくらでも交流はできるかと思います。
私が以前スレ主をしていた梨花スレも交流していた時が一番楽しかったです。
むしろ企画モノをしたことにより交流が減った、という感が否めませんので。
ですので企画モノで『人』を集めるよりも交流をすることによって『会話』が絶えないファンスレになってほしいと心から思っております。
企画モノを悪く言っているように聞こえるかもしれませんが、企画モノにも企画モノの良さがあります。
企画モノで『人』を集めることがそのキャラの愛に繋がるとは私には思えませんし、それなら好きなキャラを話し合って『会話』することがそのキャラの愛に繋がるかと私は思います。
まあ企画モノも悪くはないのですがファンスレとしてどっちが一番いいのかと聞かれれば……以上です。

最後に桃良様、鳳07様、それに不快に思われた皆様、本当にすみませんでした。
心からお詫び申し上げます。

それでは失礼します。
明日から本当にいつも通りのブログを書きたいと思っていますので、もしよろしければ時間の空いたときで結構ですので見てやってくださいね^^

とコメントを貰いましたので追記でしたいと思います。

続きを読む »

2008/07/24 21:39 | 未分類COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

編集しました。

編集しました。
不快に思われた方、申し訳ありませんでした。
ただ…いえ何にもないです。
言われることは仕方がないと思いましたから。

それとオヤシロプロジェクト2については前にも言っている通り適当に進めてください。
たぶんもうひぐらし板すらROMすることもありませんので。

七杭の日については申し訳ありませんでした。

もう07th関連の話題はしないほうがいいのかもしれませんね。
ひぐらし、うみねこの作品のみの話題をして、イラスト、SSなどを書いて公式掲示板についてはスルーっていう。

もう二度と公式掲示板のことをブログ上で話題にしません。
イラストやSSなどは書こうと思っていますのでそれでもいいのでしたら今後ともよろしくお願いします。

それでは失礼しました。

2008/07/22 18:31 | 未分類COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

ポニョと時かけ

こんにちはー。
現在圭魅SSのプロットで纏めつつ来週23日の観鈴ちんの日用SSをちまちま書いてます。観鈴ちん用SSは完成できるかどうかちょっと微妙ですが^^;
あ、キリ番絵も構想中ですよ(滝汗)

今日宮崎駿監督の『崖の上のポニョ』が公開されますね。まあ公開中に一度見に行きたいですが。
それはそれとして(ぇ) 今日フジテレビ系列でアニメ版『時をかける少女』を放映されます。まあ『時をかける少女』略して『時かけ』自体は去年も放映していましたのでそれ自体はいいのですが。
ちなみに補足として劇場版『時をかける少女』は筒井康隆先生の同名の小説でアニメ版は筒井康隆の原作から時間経過した作品です。でその監督が私のブログでも押している細田守監督です。
で、『崖の上のポニョ』と『時をかけている少女』が同じに日に(溶媒はどうあれ)放映されることに非常に面白いです。
そもそも『時をかける少女』の劇場公開の日にジブリの『ゲド戦記』だったのでよく比較されてました。

さて本題。
なぜフジテレビはポニョ公開日に時かけをぶつけたか、ということです。
たまたまといえばそれまでですが宮崎駿監督と細田守監督、実は意外に接点があって『ハウルの動く城』の当初の監督は細田守監督でした。それが色々なことがあって降板。で宮崎駿監督が『ハウル』を作って今に至るわけなのですが。

実際時かけは美術の山本二三さんをはじめジブリに携わってきた人が多いようで、本編中に出てくる二三さんの描く入道雲はラピュタの時の背景を思わせるような出来映えです。

そういう経緯を知って観ると非常に面白いかもです。
フジテレビはもちろんのことそれを容認した時かけのスタッフは非常に洒落が効いているなぁと少し感心しました。
ここで時かけを放映しますかw



























というかフジテレビはあれだけ大々的に宣伝をして『踊る大捜査線』シリーズの亀山Pプロデュース、世界のGONZOがアニメーション制作、原作宮部みゆき、脚本『コードギアス』などで有名な大河内一楼先生、キャスト、主題歌は有名どころなどえらい金をかけた劇場アニメーション『ブレイブ・ストーリー』を押すのを諦めたのでしょうか(´・ω・`)(ぐしゃ!


2008/07/19 19:17 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

この画面は表示されません…とか


どうもネット速度が重いです。
フレッツ光なのにー。
まあその理由はもう一台のPCをネット対応するためにルータを使ってやっていたのですけど、どうもルータを通してこのPCでネットをすると凄く重いです。
どうもフレッツ光のブロードバンド接続ができないみたいで^^;
画面が表示できない時もしばしばです。
(でも一度ニコニコを繋いでからだとなんとか見れるみたい。ニコ厨なPCでs(ぐしゃ)

ということでルータからWANポートを抜いて以前のようにやったら以前と同じサクサクと(=ω=)
まあもう一台のPCは使う時になったらルータを繋げばOKかと思いますので。あまり使っていませんし(ちょ

サンクリレポを沢山の方に読んでいただいてくれて本当に感謝していますw
またイベントがあればレポも書きたいですけど……夏コミ行きたいなぁと思う今日この頃です(汗)
あ、それと最近地元の同人ショップで東方アレンジCDが大量に置いていまして、ごっすんとかでおなじみのイオシスの東方系アレンジCDの最新作、東方真華神祭が置いてありましたので購入。
今までイオシス系はその同人ショップに置いてなかったので通販で頼むしかなかったのですけど…なんともまあ通販もいいけど直で買えるのもいいですね、というお話です(ぉ


さて返信ですー。

続きを読む »

2008/07/16 20:30 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

1万ヒットありがとうございますっ!

1万HIT越えをいたしました!
皆様本当にありがとうございましたっ!

1万HIT記念として、やっとサンクリレポを書き上げたのでぜひお読み下さればと思っております。
まあ途中で……諦めたのですけどね(ちょ
詳細は起動さんのサンクリレポで補完してくださいね(ぉ!

それでも非常に長いものになっていますので……それと色々とすみません(汗)

1万のキリ番を取ったちーたさん、おめでとうございますw
よろしければイラスト、SSのどちらかを贈呈したいと思いますのでもしよければご一報してもらえれば嬉しいです。
力を込めて制作したいと思いますのでw

それでは皆様今後と『ふりふり』をよろしくお願いします。



2008/07/11 19:01 | 未分類COMMENT(1)TRACKBACK(0)  

サンクリレポ38 ~今更と言っちゃいやいいや~んの巻~


 2008年2月10日。
 東京近郊でも雪がつもり近年希にみる気候に見舞われた冬。
 サンクリエリエイションクリエイション38に参加するためにikuiは午前4時半時に起きた。
 ただその翌日ikuiは某チャットに参加していたため午前1時頃まで参加し、それからなかなか寝付くことが出来ず実際眠りについたのが午前3時頃であった。

「気持ち悪いわ!!」
「あぅあぅあぅあぅ!! 開口一番がそれなのですか!」

 そう言ったのはikui代行の『ひぐらしのなく頃に』の古手梨花と古手羽入であった。

「なんだかこの掛け合いも久しいわね!!」
「あぅあぅあぅあぅ!! それは言わない約束なのですよ!! しかも久しいとか言いますと今このレポを書いている執筆時期がバレバレなのです!」
「バレて結構だわ!! ていうか羽入、暫く見ない間に顔ぷっくりとしちゃって、風邪でも引いちゃった?」
「確かに季節の変わり目ですけどレポとなんら関係ないのですよ!!」
「今回のレポは記憶力との勝負よ!!」
「勝負しているところが根本的に違うのですよ」

 そうしてikuiは起床し、行く準備をし5時頃家を出た。
 外に出るとまだ日が明けた直後なのかまだ当たりが闇で覆われたところが多かった。また若干雨が降っておりikuiは走って駅に向かった。

「ああー。このときにに新幹線のsuikaがあればなーって心底思ったわよ!」
「あぅあぅあぅ2月はまだsuikaが新幹線で開通してなかったですものね。ってそんなことをレポに言うななのですよ! 完全にレポではないのですよ!」
「ただのレポには興味ありません!!」
「あぅあぅあぅあぅ!! ぶっちゃけたのですよ!!」
「羽入!! そこは晴れ晴れ愉快! って言いなさいよ!!」
「そのネタも当時はさっぱりで、今も知っている人しかさっぱりなのですよ!!」
「ランティス組曲の20分ってやっぱ長いわよね!」
「うーうーうー!! だから固有名詞で言うななのですよ、下郎!!」
「ついでにひぐらし絆についての話もしておく? 特に膨らまないけど」
「あぅあぅあぅあぅあぅあぅ!! なら言うななのですよ!!」

 ikuiは新幹線の始発駅に到着し、待合所でしばし待っていたがこの時点で気持ち悪さと倦怠感と眠気が一気に襲ってきた。

「ちっくしょうなのです。なかなか気持ち悪いわ! 羽入私を殺して!」
「あぅあぅあぅあぅあぅあぅ!! なぜそうなるのですか!! ていうかなぜ僕が梨花を殺すのかも理解不明なのですよ!」
「理解不明はらったったったったーでおなじみの羽入でしょ!」
「うーうーうー!! なんなのですか!! そのらったったったー! は!!」
「知るわけないもん! 梨花ちゃん、そんなことしるわけないもん!!」
「もんもんもんもんうるさいのですよ!」
「私だよもん星人じゃないもん!!」
「お前はさっきから何を言っているのですか!!」
「私だって知らないわ! でも羽入、お前GONZOね!」
「ぜってー違うのですよ!!」

 そうしてikuiは午前6時27分発の東京行き新幹線に乗車。
 電車は動きだし瞬く間に東京行きへとなる。
 本来なら東京に近づくたびに段々と高層ビルがあるがこのときばかりは違った。

「ちょ! なんで東京に雪がふっているのよ!! ikuiの地元でも降ってなかったのに!」
「あぅあぅ、どうやら今年はいろいろとヘンなのですよ」
「ヘンといえば羽入ね!」
「ぜってー違うのですよ!! ていいまかなぜヘン=僕なのですか! その時点でおかしいのですよ!!」
「おかしくなんてない。あるのは醤油とシュー」
「あぅあぅあぅ言葉的にいろいろとヘンなのです」
「ヘン? それを貴女が言うわけ!! おもしろいわ!!」
「うーうーうー!! 梨花いい加減口を噤むのですよ!!」
「おっことわりー☆」
「☆ いれるななのですよ!! しょうもねー萌え描写を入れるんじゃないのですよ!!」
「しょうもないとは失敬ね!! しょうがないの方よ!!」
「うーうーうー、梨花いい加減にしやがれなのですよ!!」
 
 ikuiは大宮駅で降り、高崎線特別快速 熱海行に乗り換える。
 ただこの時肌が刺さるような寒さは今でも思い出す。
 程なくして到着、そこから池袋を目指す。
 道中、

「あ、受験生なのか本を読んでいる人や単語帳をチェックしている人がちらほらいるわよ」
「あぅあぅ、この時期は受験シーズンまっただ中ですからね……って梨花それは言っては駄目なのですよ」
「このレポを執筆している今はもう桜咲いているか散っているかもう出ているのよね……切ないわ」
「うーうーうー!! だから言うななのですよ!! なぜ言ったのですか!!」
「ほら、桜っていい曲でしょ?」
「あぅあぅあぅあぅ!! いい曲ですけどそれとこれとは全然違うのですよ!!」
「よし、なら羽入、合唱桜をこの場で歌いなさい!!」
「嫌なのですよ!」

 となことをしているうちに8時23分無事池袋に到着したのだった。

「さて…………羽入、さっそく池袋にきてなんだけどやることがあるわ!!」
「あぅ? なんなのですか? また前のレポみたいに醤油でも買うのですか?」
「そんな生半端なものじゃないわ。それはね…………お通じよ」
「…………うーうーうー!! ちゃんと新幹線の中でしておけっていうんですよ!!」
「仕方ないじゃない!! 新幹線の中だと全然こなかったんだもん!! でもこういうお通じヒロインって萌えない?」
「無理矢理萌えにもっていくなのですよ!!」
「えっとー……まずは外に出てから考えましょう!」
「あぅ? 駅の中になかったのですか?」
「見つからなかったのよ!! それに私って超絶ヒロインでしょ!! だから駅の構内でトイレを探すなんて……世間が許しちゃくれないわ!!」
「うーうーうー!! そう思っているのはお前オンリーなのですよ!!」

 そうしてikuiは構内から出てその近くにあるマックに行きお通じをすませた。
 そのままマックで数十分間ゆっくりしてから9時40分頃マックを後にした。
 
「さてお通じもおわったしー☆ あとはサンクリの道へ真っ直ぐゴーなのです☆」
「お通じお通じ言うななのですよ!! 梨花はなんの萌えキャラを目指すのですか!!」
「目指すは地平線の向こう!! そう、あのグランドラインを目指すのよ!!」
「グランドラインって作品が違いますし、梨花の声の人も僕の声の人も出てませんし竜騎士さんも集英社と縁ありませんし無理やりつなげるななのですよ!!」
「無理を承知で道理をぶっ壊せよ!!」
「無理を承知でしたらいろいろな時点で駄目なのですよ!!」

 ikuiはサンシャイン通りを歩く。前方には同じくサンクリに行くであろう人の群があった。
 そのままついていき、無事会場であるワールドインポートマート四階、及び文化会館2階、3階を会場にしたサンシャインクリエイション38会場に到着する。
 ikuiはまず通行書であるカタログを購入するために前方に向かう。

「うう、前に地元のアニメイトにあったのに……もう、羽入のせいなんだからね!!」
「あぅあぅあぅあぅ!? 僕のせいではないのですよ!! どちらかというと鷹をくくっていたikuiのせいなのですよ!!」
「冬コミと同じくね!!」
「うーうーうー!! 冬コミ行ってないのに買う時点でおかしいのですよ!!!」
「おかしくなんてないもん!! 資料として買う予定だったんだもん!!」
「資料としてもとめている時点ですでにおかしいのですよ!!」
「あ……」

 その時ikuiはあることに気づいた。

「あぅ? どうしたのですか?」
「スケブ持ってくるの忘れちゃった……」
「あぅあぅあぅ!! 何考えているのですか!! スケブは大事なのですよ!!」
「うっさいわね!! そんなこと言われなくたって判っているわよ!! 10時になったらアニメイトにいって購入しないと!! 正直D館まで行って購入って面倒だしね!!」
「あぅ……珍しく正論なのです」
「ではアニメイトに突入よ!!」

 そうしてikuiは一端サンクリ会場から降りてのそ向かいにあるアニメイトに行き10時開店と共に店に入る。
 するとまず目に飛び込んできたのは雑誌ジェンプフェスタ2号であった。
 周りを見ると一階は乙女色の強いカラーの作品が多かった。

「こ、これが乙女ロードのアニメイト! や、やるわね。じゅるり」
「あぅあぅあぅ!! いきなりなによだれを出しやがるのですか!!」
「ごっめ~ん☆ つい本能むき出しになっちゃった☆ えへ、梨花ちん、反省☆」
「なにむかつく古典的なブリっ娘描写をしているのですか!!」
「釣りよ!! こっちのほうが食い込む人多そうだなぁーって思ったからやったまでよ!!」
「相変わらず本能むき出しですね!! そこだけは素直に褒めてやるのですよ!!」
「ありがと!!」
「感謝するななのですよ!!!」

 そうしてikuiはスケブを無事に購入。
 再びサンクリ会場に行きA館行きの列を並んだ。
 ikuiは時間まで先ほど購入したカタログを眺めていた。
 そこにはBEST賞を受賞させた文月いめりさんと空くんがあった。以前HPで閲覧し情報は知っていたが実際みてikuiは驚きを隠せなかった。

「こ、これが二才(当時)の絵? なんてこと!! ikuiより上手いわ!!」
「ぶっちゃけたのですね!!」
「ぶっちゃけるわ!! そして負けちゃった!!」
「諦め早いのですよ!!」

 またブロックノートセレクションで黒鴉さん、姫山裕梨さんのやつも書いてあった。
 黒鴉さんがこのときレナのぐすんな絵で「スケブの配分をまちがえちゃった…」これが後にある出来事が起こるとはikuiでさえも予想してなかった。

「ううー。それにしても寒いわね。羽入、何か楽しいことをして私を楽しませて」
「あぅ? 僕がですか? うーん。赤い人は赤い彗星のシャアなのです☆」
「却下」
「却下なのですか!? ならどんなのがいのですか!」
「大体ね、赤い人は赤い彗星のシャアってそんな有り体なこと全然面白くない! もう一度言っておくけど全然面白くない!!」
「あぅあぅあぅ!! なぜ二回も行ったのですか!!」
「なんとなくよ!!」
「お前の思考回路そればっかりなのですよ!!」
「うん、でもねいい線だわ! 赤い彗星のシャアのところを、赤い死神てしておけばOKよ!!」
「どんなOKなのですか!! 僕にはその基準がよく判らないのですよ!!」
「私もその基準がよく判らないわよ!!」
「そこは把握しておけなのですよ!!」

 そんなこんなで11時。
 サンシャインクリエイション38はこうして幕が開けた。
 ikuiにとって、また他の人達にとっても深い1日になることこの時はにまだ誰もしらない。





 開幕後ikuiはA1ホールに向かった。

「いやー。それにしても羽入。スタッフゥー」
「あぅあぅあぅあぅ!! いきなり時期外れなネタをしるなのですよ!!」
「王子はイケメン、王子イケメン!」
「うっさいのですよ!! というかなぜ王子なのですか!」
「いや、原曲をことごとく破壊しつづける男だから」
「嘘は駄目なのですよ!!」

 閑話休題、ikuiはA1ホールに向かうとまずイタズラ書きコーナーに向かった。
 そこには既に大きくイタズラ書きをされた鳥があった。
 それを確認するとikuiは黒鴉様が出店されているサークル『ろしあですまん』、ひびきあきら様の出店されているサークル『FC』に向かった。
 そして程なくしてサークルを発見した。

「よし…………羽入、ひとまず巡回するわよ!」
「あぅあぅあぅあぅ!! なぜ直接行かないのですか!!」
「巡回はデフォでしょ!」
「そんなデフォねーなのですよ!!」
「あれね、というかなんかねー恥ずかしいのよ」
「あぅ、まあ言うことは判りますが」
「ということで羽入。何か物まねして」
「あぅあぅ! わふー>ω<」
「うん、羽入。似てないから!」
「なら物まねしろとか言うんじゃねーなのです!!」

 そうしてikuiはまずひびきあきら様がいるE列の06aにある『FC』に顔を出した。そこにはひびきあきら様(キャラ代理;古手梨花)とお手伝いに来ていたりょうぎ四季様(キャラ代理:金髪の赤坂衛)がいた
 
「あ、あのひびきさんですか。ikuiなのです」

 ikuiがそういうとひびき様、りょうぎ四季様は覚えていてくれたようで声を出した。

「ikuiさん、お久しぶりなのですよ。にぱー☆」
「あ、ikuiさん、お久しぶり。給料いくらだ!!!」

「みー! お久しぶりなのですよ!」

 そうしてikuiは事前に用意しておいた真里亞のイラストとベルンカステル卿のポストカードを二人に渡した。
 ほどなくしたところで雛物文士でもある遊馬様のSSの入った同人誌新刊を購入。

「黒鴉さんには挨拶しましたか?」
 
 ひびき様がそう訪ねるとikuiは首を横に振りこれから訪れると答えた。
 ikuiも逆にちーた様等訪れたか聞いたがまだ来てないと首を横にふった。

「ぜひ挨拶にいったほうがいいよ!! ちーたさんと連絡とれない!? 電話番号知っていれば連絡とれたんだけどね! まぁ気長に待つといいよ!! あと給料いくらだ!!」

 りょうぎ様はそう言った。
 そうしてikuiはひびき様のサークルから離れそこからE列の05bにある『ろしあですまん』に行くとそこには黒と赤の人柱がikuiの目の前にあった。
 それは他でもない黒鴉様(キャラ代理:起動さん絵の黒鴉様)と起動さん(キャラ代理:赤)がそこいた。
 ちなみにこの日の二人の服装もデフォであった。
 
「みー。こんばんはなのです」 

 ikuiがそういうと二人も気づいたようで挨拶を交わした。

「おっぱい!!」
「お尻ふりふり!!」

「…………馬鹿にされてる? あ、起動さん前回と今回もよくも最後オチに使ったわね! まあフィクションだからいいけどね!!」

 とikuiはぶつぶついいながらも黒鴉様、起動さん、それと黒鴉様のお手伝い様に持ってきたポストカードを渡した。
 ほどなくて起動さんは用事のためその場を後にしてikuiは黒鴉様の誘導で裏に回って少し話をした。

「それにしてもアンソロ商業おめでとーなのですよ」
「いや、多分もうないと思うから」
「そんなことないわよ! アンケートハガキいつか出すから!」

 とかのやりとりをしたり

「ゲッゲッゲ♪ いつかオンリーに出たいね♪」
「みー。ボクの分まではっちゃけて欲しいのですよ!!」
 
 みたいなことを話した。
 それからikuiは黒鴉さんのサークルを離れイタズラコーナーを向かいイラストを描いた。

 006.jpg


「あぅあぅ!! なんなのですか!! この掛け合いは!!」
「いやー掛け合いするに決まっているじゃない!! うんにゃひ!!」
「うんにゃひは入れるななのですよ!! というかikuiは2月はまだニコニコにそんなにハマってなかったからうんにゃひは入れるななのですよ!!」
「時期なんて関係ないわ!! うんにゃひは時空を越えるのよ!!」
「あぅあぅあぅあぅ!! もう無茶苦茶なのですよ!!」
「……フ━━━( ´_ゝ`)━━━ン!! よくそんなことが言えるわね。ご都合キャラのくせに」
「うーうーうー!! それはNGワードなのですよ!!」

 そうしてikuiは一通りイラストを描いた後、再び黒鴉様、ひびき様のサークルを回ったりそのほかのサークルを回った。
 ちなみにその時に黒鴉様と同じうみねこ商業アンソロ、起動さんのサンクリレポに登場してあったA列17aのサークル『牛乳茶』の珠洲城くるみ様に会いに行っていた、がその時はまだikuiが気づいてなかったので挨拶しておけばよかったと後悔の念に駆られたのは帰宅してからのことだった。
 そうしてしばらくその往復を繰り返すとikuiの目の前に目がねをかけた少女がカバディをしてきた。

「カバディカバディ!! ikuiさん、やっとはっけーんだぜー!」

 そこにいたのは春華様(キャラ代理:『うみねこのなく頃に』右代宮朱志香)だった。連行された先には姫山裕梨様(キャラ代理:『うみねこのなく頃に』右代宮真里亞)、文月いめり様(キャラ代理:園崎魅音)と抱きかかえた息子の空くん(キャラ代理『天元突破グレンラガン』幼少期のシモン)がいた。

「こ、こんばんはなのです」
「こんばんはー」
「(・3・)はじめしてー。文月いめりですー」
「こんばんはikuiですー」

 と一通り挨拶したところで春華様は起動さんを発見、そして文月いめり様は起動さんの名刺をもらって一言

「(;・3・)き、起動さん、働いていたんですか!?」

 これには起動さんが噛みついてきた。
 詳細は起動さんのレポを参照してほしい。
 
 そして一段落したところで春華さんは何かに気づいた。

「ピキーン!! 春ちんレーダー感知だぜ! 今度はそこだぜー!!」

 するとそこには、赤いぶるぶるした謎の物体があった。

「ぶ、ぶぶるぶるーん!! ぼくぶるるーん!! きらきらーん☆」

 上下赤に服の瞬翁王子(キャラ代理:北条悟史)がそこにた。
 また彼の隣には以前お会いした友人であるナタデ☆ココ様(キャラ代理:富竹ジロウ)がいた。

「HAHAHAHAHA☆ みなさーん!! こばんはー☆」
「ぶるぶるーん!! こ、こんばんは! ぶるぶるーん!!」

「王子は相変わらずなのですね」

「僕のブルルーン!! は世界一ぃいいいいい!!」
「HAHAHAHAHA☆ まあ相変わらずのやつだがな」

 そうして春華様はまた何かを察知するとそこにはちーた様(キャラ代理:『ひぐらしのなく頃に』野村)がいた。

「ち、ちーたの姉御なのですか?」

 ikuiがそう言うとちーた様ははいと答えた。

「ふ。やっとたったね、こんちくしょう。まったく時間をかけるものじゃないわよ」
「あ、姉御」
「ほら。ikuiったらネクタイ曲がっているわよ」
「ええ、あ・ね・ご☆」

「あぅあぅあぅあぅ!! 何やっているのですか!! そんなシーン一度もなかったではないですか!!」
「ち、羽入。これはねーお互いの心の中でやっているのよ! 外からだとそんな描写なかったけどね!!」
「外からそんな描写がなかったら心の中でできるはずねーなのですよ! しかもネクタイとかお互いしてなかったではないですか!!」
「フィクションなんだから、それぐらい察しろ!」
「ノンフィクションなのですよ!!」

 そうしてikui達はイタズラコーナーに移動しておのおののイタズラ書きを始めるのだった。






 








「あぅ? どうしたのですか? 続きはないのですか?」


「ぎぶあーっぷっ!!」 

「…………あぅ?」
「えっとねーikuiこれ以上レポを時間軸で書くのをギブアップしたみたい!」
「あぅあぅあぅ!! ギブアップってなんなのですか!! 続きを熱望している人いるのですよ、特に後半とか!」
「じゃあこうしよう! 続きは起動さんのサンクリレポへ続くということでどう?」
「あぅあぅあぅあぅ!! どうってかなりいい加減なのですよ!! しかも起動さんに投げるという最低な手段をしているのですよ!」
「しょうがないじゃない! 書く暇がないんだから! というか書く精神状態が全く持ってあがらない、それで半年放置になっちゃったのよ! それにもう季節は7月、冬を普通に通り越してまた猛暑だわ!」
「あぅあぅあぅあぅ!! ikuiの近況を言ってもちっとも盛り上がらないのですよ!」
「じゃあ第一部完ってことで続きは来年2009年の2月11日に……」
「うーうーうー!! なんで2008年のレポを2009年にやるのですか! しかも一年越しってわけがわからないのですよ!」
「さて、こんな進行になったってことで羽入。お疲れ様会よ!」」
「あぅあぅあぅあぅ!! どんなお疲れ様会なのですか!」
「まずは姫山裕梨さんの代理キャラの竜宮レナさんなのです」

「あ、こんにちは……ってどういうことなのかな、かな?」

「どうもこうもないわ。これ以上続きを書くのは困難なので自己紹介を絡めて番宣なんかでも」
「あぅあぅあぅあぅ!! なんなのですかこのレポは!」

「えーと、いいのかな。2008年8月16日(土曜日)東京ビックサイトで行われるコミックマーケット74、西1 ね-01b 『694区』にてうみねこバトマリ本、うみねこ圭レナ本、オリジナル漫画の『マザーテレサ』を持って行く予定です。それとバトマリのハンドタオルやバトマリ、ベア金本の「Sweet CAT」の配布をします。「Sweet CAT」の方はネットでも配布します。他にも色々やっていますので詳細はhttp://6949.web.fc2.com/で……って本当に番宣しちゃったよ」


「あぅあぅあぅあぅ! ikuiがダラズなので更新が遅れてごめんなさいなのです」
「よし、次は黒鴉さんなのですよ!」
「うーうーうー! 連続なのですか!!」
「こういうのは連続よ! さあ代理キャラの起動さんの絵の黒鴉さんカモーンなのです!」

「……いいのかなぁ。あ、サイトの『ろしあですまん』はリニューアルしました。それと2008年8月16日(土曜日)東京ビックサイトで行われるコミックマーケット74、西地区 ぬー20b『ろしあですまん』でうみねこ本を販売します。また西区てー02b『鉄板盥屋』にて東方合作本を販売しますのでもしよければお越し下さい。詳細はhttp://karasu.web.infoseek.co.jp/へ……って普通の番宣」

「はいーなのです! 続いてひびきあきらさんの代理キャラ古手梨花とりょうぎ四季さんの代理キャラ赤坂衛さんお越し下さいー」
「あぅあぅあぅあぅ! 立て続けなのですね!」

「みー宣伝していいのよね。さて8/16 夏コミ2日目 西 に-05b 『FC』というサークル名でイベント参加します。詳細はhttp://hennaneko.fc2web.com/へお越し下さい」
「給料いくらだっ!!!!」
 
「あぅあぅあぅあぅ。皆さんすみませんなのです」
「さてこれで売り手さん達の紹介は終わったわね。次は春華さんの紹介よ!」
「あぅあぅあぅあぅあぅ! 春華さんは同人誌売らないのですよ!? しかも何を紹介するのですか!?」
「というわけで春華さんの代理キャラ『図書館戦争』の柴崎麻子よ!」
「あぅ!? 上のサンクリレポとキャラ違うのですよ!?」
「だって上のサンクリレポからもう五ヶ月近く経過しているのよ。もちろんキャラが違って当然なのです☆」
「☆はいらないのですよ! ていうかうざいのです!」

「本当にいいのかしら。あ、私現在図書館戦争にはまっています。夏コミは『図書館戦争』の柴崎麻子のコスプレをしますのでよろしくねー」

「はい。ということで春華さんでしたー!」
「うーうーうー!! 本当になんでもありなのですね!」
「さ、次は瞬翁王子の代理キャラ北条悟史とナタデ☆ココさんの代理キャラ富竹ジロウの登場なのですよ!」
「あぅ!? 二人は一体なんの番宣をするのですか? 上の四人は、まあ一応あるにはありましたが」
「ということで羽入を華麗にスルーしていってみよーっ!!!」
「あぅあぅあぅあぅ!! 無視するななのですよ!!」

「やあ、みんな元気にしてたかい☆(きらきらーん)」
「HAHAHAHA☆ みんな今年の夏コミも暑そうだね! ところで王子」
「な、なんだよ~!(ぶ、ぶるぶるぶる~ん)」
「僕達、今年はどこを手分けして回るか決まっているのかい?」
「そ、それは夏コミ当日まで秘密なのSA☆(ぶるぶる~ん)」
「HAHAHA☆ サンクリでは黒鴉さんのスケブしてもらえなかったけど今度はしてもらうよう祈るさ」
「ぼ、僕もスケブしてもらうよう頑張るのSA☆(ぶ、ぶるぶるぶる~ん)」

「はい、瞬翁王子とナタデ☆ココさんでしたー!!」
「あぅあぅあぅあぅ! 全てが歪曲で申し訳ないのですよ!」
「羽入。もう疲れちゃったの!? でも、まだまだこんなもんじゃないんだからね!」
「あぅ!? まだ続くのですか!?」
「当然じゃない! 続きましてちーたさん(姉御)の代理キャラ『ひぐらしのなく頃に』野村と文月いめりさんの代理キャラ『ひぐらしのなく頃に』園崎魅音とその息子空くんの代理キャラ『天元突破グレンラガン』シモンの登場よ!」

「えーと、こんにちは文月です。でちーたさん、紹介ってあったけど何を紹介するの?」
「ふふふ。いめりさんは商業誌デビューという宣伝があるじゃないですか。それとpixivのこともありますし。それに変わって私なんて」
「ちーたさんも夏のサザンライブに行くこととかあるじゃないですか!」
「それは宣伝になるのかな。まあ何かするのでよろしくってことで」
「私もそうだね。商業についての詳しいことはhttp://www8.ocn.ne.jp/~kurioneh/へお越し下さい^^ あ、最後に空も何かある?」
「うー!」
「きゃー! 天元突破グレンラガン映画化決定&シモンの抱き枕遂に発売決定!! >▽<!」
「いや、それは……ちょっとikuiさん、無茶な脚色しないでくださいよ」

「ちーたの姉御。その返し方ナイスだねなのですっ!!」

「いや、だから(汗)」

「あぅあぅあぅぁうあぅ! ikuiいい加減にしろなのですよ!」
「なによー。羽入、貴女ったら……仕方ないわね。じゃあ皆さん、これからお疲れ様会をしますので会場に移動して下さいなのですー!」

「ちょっとまてー!!!」

「あぅ!? 誰の声なのですか!?」
「あぅあぅ?」

「忘れるなー! 起動さんを忘れるなー!」

「あ、赤い人こと起動さんこんにちはー。元気してたー!?」

「うるさいー! 大体なんだこのレポ!? レポじゃないし!」

「うっさいわねー! 知っているわよ、そんなこと! それに起動さんがサンクリレポを綺麗に書いたからそれでいいでしょー!」

「……その性格、絶対に敵を作るぞー」

「いいもん! 敵は多い方が攻略しがいあるからね!!」
「あぅあぅあぅあぅ。ikuiは文字ならいつも強気なのですね!!」
「羽入。それは禁則事項だから!」
「へんなのが混ざったのですよ!」
「もー収集がつかないから起動さん、宣伝してー」

「えーと07thExpansionの絵版でたまに投稿しています。起動さんファイルアップローダーも展開中なので刮目、刮目~☆」

「ちなみに起動さんのファイルアップローダーのリンク先は自分でググって探してね☆」

「張らないのかよ!!」

「みー☆」
「あぅあぅあぅあぅあぅ! とんでもない扱いなのですね。続きは起動さんのレポと言っておきながらかなりアバウトなのですよ!!」
「いいのよ。起動さんのレポでもikuiもネタ要員で使っているんだし」
「あぅ……なんともいえないのですよ」
「まあいいわ! さてBGMは2月ikuiが秋葉原で買った『なかない君と嘆きの幻想』より『幻耀の蝶』よ! ビバ秋葉原! ワーキングプアなんかに屈服なんてしないんだから!」
「あぅあぅあぅあぅ!! ikuiは相変わらず自虐とかするのですね!!」
「そーね!! でもいいじゃない!! 自虐をしたいときって時にはるからね!!」
「あぅあぅあぅあぅ。それ以上はあまり言わない方がいいのですよ」
「さて、ではお疲れ様会だけどみんんでカラオケ行こうっか!!」
「あぅあぅあぅ!! 2月のサンクリレポではカラオケの選択はなかったのですよ!!」
「まあレポなんだしそこらへんは許してね、エヘ☆」
「エヘ☆ じゃないのですよ!!」

 ……………。
 …………。
 ……。

「エアーアンやおくせんまん、真っ赤な誓いははずでないわよ!!」
「ぶ、ぶるぶる~ん。僕はイケメンなのSA☆」 
「HAHAHA☆ ナタデ☆ココフラーシュ☆」 
「ゆぃ姐さん、ケケケケケケ♪」  
「は、春華ちゃん。酔っちゃっているのかな、かな」 
「真っ赤な誓いっー!!」 

「あぅあぅあぅあぅ。なんだか凄いgdgdなのですよ。本当にこれでお終いなのですか? え、本当に?」
「あ、そうそう羽入。次のikuiのイベント参加は未定なのです!」
「赤裸々なのですね! 本当にこんな終わり方でいいのですか!」
「たまにはいいんじゃないかしら! いつもと違う終わり方も悪くないわよね! うん☆」
「うん☆ じゃないのですよ、梨花!」
「さあ、羽入もはっちゃけよーっ!!」
「あぅあぅあぅあぅ!! これ以上gdgdにするななのですよー!!!」
「羽入。するなだなんて……地上最強の敵ね」
「うーうーうー!! おめーは一体何をいっているのですか!!」
「さて、じゃあこの後は全員で『ぶるぶる~んの唄』を歌うから!」
「あぅあぅあぅ!? なんなのですか、その唄っ!?」
「ikuiがアバウトで考えたぶるぶる王子の歌よ! ニコニコでうpしたら荒れること間違いしっんぐー( ̄ー ̄)b」
「あぅあぅあぅあぅ!! なんなのですか、このネタの寄せ集めは!! もう色々と間違っているのですよ!」
「間違い……それはサイレントキラーと呼ばれて」
「呼ばれてねーなのですよっ!!!」
「ということで2月のサンクリレポはこれでお終いなのですよ!! さあ羽入、新幹線に乗って帰るわよー!!」
「うーうーうー!! いい加減にしろなのですよ!!!」

 
                (`・ω・´)ゞビシッ!! 2008年2月11日サンクリレポわりなのですっ!! 


おまけ(´・ω・`)


「ぶるる~ん。さて今回使えなくなったネタや写真を僕☆(きらきら~ん☆)こと瞬翁王子がするコーナーなのSA☆(ぶるぶる~ん)」
「王子……相変わらずおいしいわね。ということで王子だけじゃぶるぶるするからサポート役に私春華もすることにしたわ。そう、図書館戦争の柴崎のように、ね☆」

007.jpg


「ぶ、ぶるぶる~ん。これはikuiさんがレポをギブアップしなかったら掲載していたイタズラコーナーなのSA☆(きらきら~ん)」
「梨花が雪だるまにされているのが特徴的ね……ねえ、王子。私今の言い方柴崎っぽくなかった?」
「ぶ、ぶるぶる~ん。僕図書館戦争のことはあまり」
「見ろっ! アニメを見ろっ! 小説や漫画も読めっ! そして図書館戦争をもっと日本に浸透させるのよっ!」
「……ぶ、ぶるぶる~ん!!」

004.jpg


「つ、次は起動さんのイラズラ書きなのSA☆(ぶるぶる~ん)
「ちなみにこの後少し追加したらしいんだけど、そのバージョンはこっち」

002_20080711183056.jpg


「ぶるぶる~ん! 起動さんフィーバーなのSA☆(ぶるぶるぶるぶるぶる~ん!!)」
「うわ、王子。ぶるぶるしすぎっ!! でも起動さんのイタズラ書きはいっぱいの人に写メされたからね」
「ぶるぶる~ん。え、絵師の人は本当に凄いです。あ、春華さんのイラストも」
「え?」

005.jpg


「うわー。ちょ、やめてよー。なんで起動さんの後に載せるんだよー」
「ぶ、ぶるぶる~ん。ご、ごめんなさい(きらきらーん)」
「まあいいけど…さて続いては我らがゆぃ姐さんのイタズラ書きだよ」

003.jpg


「ぶ、ぶるぶるぶるぶるぶる~ん! このレナはいいものSA☆」
「王子、ぶるぶるしすぎっ! でもさすがゆぃ姐さん。素敵なレナね。さて最後は前回のBEST賞をとった文月いめりさんのイラストさ」
「正確には前々回なのSA☆(きらきらーん)」
「王子うっさいっ!」
「ぶるぶる~んっ!!」

008.jpg


「『天元突破グレンラガン』のシモンと『ひぐらしのなく頃に』のレナのコラボ。ぶるぶる~ん!!」
「そして今回も空くんの絵心が発揮したわね。さて王子これでオマケもおわりよ」
「ぶるぶる~ん。このままコーナーにしてもいいかもね(きらきらーん☆)」
「まあその時は王子、ピンでよろしく」

「ぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶるぶる~~~~~ん!!」


 

2008/07/11 18:53 | サンクリCOMMENT(11)TRACKBACK(0)  

あの時を振り返る 

 もうすぐ一万ヒットが近づいてきた、ということ何を書こうか少し悩みましたが去年私が企画して行ったオヤシロ祭について少し書きたいと思います。

 ちなみに当時オヤシロ祭を客観視したことと現在の07thに関しての愚痴みたいなものですので当時オヤシロ祭に関わった皆様、及びうみねこ掲示板で楽しまれている皆様はスルーをお願いします。
 
※追記の文は修正しました。
  

2008/07/10 21:09 | 未分類COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

Song for friends


今日は7月7日、07thではレナの日ということなのでレナSSを投稿します。

以下注意書きです。


このSSはブログにて公開した圭魅SS雨のち晴れの続編ですが未見でも大丈夫です。
また文字数は約2万字近くとひぐ大用SSと変わらない長さがありますので時間のあるときにお読み下さい。

また本作品は18禁描写が含まれています。怪訝に思われる方がいましたら本作を読むのをお止めすることを強く進めます。
圭レナ・圭魅・レ魅のファンの方も自己判断でお読み下さるようお願いします




以上のことを踏まえて自己責任でお読み下さい。

ではでは失礼しましたー

続きを読む »

2008/07/07 19:08 | SSCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

ナデシコを見直し終えました その2

うみねこEP3の画像がいろいろと出回っているようですね。
私はウテナかシゴフミのついでにあったら買えたらいいなぁと思っていますので。

さてナデシコを見直して、その2です。
独断と偏見による考察ですので多めにつぶってください^^;

長くなったので追記で(汗)

続きを読む »

2008/07/06 19:12 | 未分類COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

ナデシコを見直し終えました

ナデシコを見直しを終えました。
実は色々とタイミング等などが合わず全話を一気に見たのは劇場版前後以来だったので実に10年ぶりでした(汗)
で久しぶりに見直した印象は「……あれ? ナデシコってこんな作品だったけ?」でした。
非常にサバサバとしていて例えば山田次郎(ダイゴウジガイ)というキャラクターが三話で死んだのですがそれが「グレンラガン」のカミナと全く逆で非常にあっけなく、その死に受け止める印象も全然違いました。
グレンラガンが作画などは最高峰と言ってもいい作品でしたが、内容に関しては少なくともナデシコの方が新しいと思いました。
また新劇場版エヴァもレンタルできたので見直したのですけど、劇場で見たときと少し違和感を感じグレンラガンと同じような印象を持ってしまいました。(少なくとも序のみを見た感想です。こちらについては全作を見ないとなんとも言えません)

唐突ですが次回に続きます(ぇ

2008/07/04 20:42 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

にゃはは^^;

ふとひぐ大にちゃんと応募したかどうかメールを確認したところ



「このメッセージは送信されていません」



と書いてありました……ヽ(`Д´)ノウワァァァン!!
いつもあんまり使っていないメール機能でやったので(汗) 
下書きが残っていたのでちょっと直しを入れて応募をしました。多分今度こそちゃんと応募しています^^;

さてさて返信します~

続きを読む »

2008/07/02 18:46 | 未分類COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。