スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

『Θ』のSSを書いてみた(ぇ

最近ニコニコ動画で初音ミクの有名Pの一人であるcosMo@暴走P「Θ」をよく聞いています。
でふとSSにしたくて書いてみました(ぇ
まあ実際はSSというより暴走Pの「Θ」を私なりに解釈した感じでしょうか^^;
最近ひぐらしとかうみねことかのSSばっかりだったのでなんていうか新鮮でした。
一応原曲の言いたいことを詰め込んだつもりですが、「なんかいろいろと違う~!」て思う人がいましたら申し訳ありません><
追記に動画と共にSSがありますので、もしよければ動画を再生しながらお読み下さい。
もっとちゃんと見たい方はニコニコにうpしてある「Θ」の動画へどうぞ。
MP3も現在配布中ですので、欲しい方がいましたらそちらからお願いします。
…正直こういうことは初めてなので緊張しますが、もしよければお付き合いくださいです^^;

あ、それと↓のリンク先はcosMO@暴走PさんのHPです(お気に入りのサイトにも加えました)
「Θ」はニコニコで公開以外ですとCDで発売されていますのでもしよければ、ですー。
他にもニコニコで公開された楽曲のMP3やイラストなど公開していますので、よければぜひ。
最後にこんな素敵な曲を作ったcosMoさんに最大の感謝を。
と、最近こすもたんに萌えな私でした(ぇ

Chemical system LE


続きを読む »

スポンサーサイト

2008/10/19 17:03 | ボーカロイドコラボSSCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  

初音ミクオリジナル曲「少女の空想庭園」のSSを書いてみた

cosoMo@暴走Pの新曲初音ミクオリジナル曲「少女の空想庭園」がニコニコにうpしてまして、何度か聞いていたら前回の「Θ」同様SSを書いてました(汗)
今回注意をした点は原曲の歌詞に逸れたSSにしないこと、ですね。
また前回の「Θ」のようにキャラクターの名前とかないため過度なキャラクター小説にならないよう注意しました。
月姫のさっちんにすれば楽だったのですけど、今回はイラストに描かれている少女のストーリーとして描きました。
もっとも私が書いたのもあくまでifにしか過ぎませんので。
にしても歌詞の力は偉大です^^; 
あらためて感じました(汗)
それでは以下SSです。
もしよかったらご覧下さい。
最後に素敵な楽曲をお作りくださったcosoMo@暴走P並びにナナシさんに最大の感謝を祈りつつ失礼します。


続きを読む »

2008/11/08 10:58 | ボーカロイドコラボSSCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

music

一人3600
テーマ 「新世界」
縛り オリジナル



 BGM:PolyphonicBranch『music』


 私が歩いている中水飛沫がぴしゃと鳴った。
 ふと私は顔を上げる。
 いつも見慣れた街並みがとても可哀想に見えていた。
 なんでだか私にもよくわからないけど。

 部屋に戻り、私はいつも聞き慣れたCDプレーヤーを起動させる。
 今日も色々あった一日。
 明日も色々ある一日。
 でも耳から流れる音楽はいつも私の愉快にし、また癒してくれた。
 それを聴きながら今日一日をふと耽る。
 耽ったところで何もおこらないんだけど。

 電車に乗っている最中、高層ビル群が私の双眼に去来していた。
 その街並みはどこか偉そうで、無意味な背比べをしているように私に見えた。
 私の耳にはipodから音楽を流れている。
 でも外の世界とここにいる私と繋がっているようにはなんとなく思えなかった。
 自分でも何言っているのかよくわからないけど。

 ふと行きつけのCDショップに足を向けた。
 そこで私はいつも同じようなジャンルのCDしか購入しないんだけど、ふと違う棚に行き、何気なくCDを持ち上げる。
 そしてその持ち上げたCDのジャケットがなんとなく気に入って、財布を確認。
 ……うん、ぎりぎり大丈夫かな。
 次の機会でも、と一瞬脳裏を掠めたけどジャケ買いはそういうストイックを考えない方がいいんじゃないかな、て思う。
 一期一会なんだし。
 
 帰宅後私はいつものようにCDプレーヤーの電源スイッチを押して、購入したばかりのCDを明ける。
 心臓はちょっとどきどきしていた。
 もしかしたら私の直感が外れているのかもしれない。
 だったら、どうしようという不安。
 でも、だからこそこれまでの私が聴いたことのない音楽をならしてくれるんじゃないのかな、という期待。
 CDのデザインも私好み。
 CDの真ん中のくぼみを押してCDを取り出してからから私は恐る恐るCDプレーヤーに入れる。
 そしてしばらくの沈黙の後、曲は鳴り始めた。
 まるで私が鳴らしてくれるのを待ち焦がれているかのように。
 
 曲は単調。どちらかといえば失敗の部類に入るかもしれない。
 けど、どこか引っかかりを覚えた。
 曲に関して? 歌詞に関して?
 私にもよく判らない。
 でも、なんか知らないけど凄くいびつというかそういう上手く言葉に出来ない感じ。
 だから私はなんどもそのCDを動かして、理解しようと耳を傾けていた。
 ただノリがいいだけじゃない。
 ただ音がいいだけじゃない。
 ただ歌詞がいいだけじゃない。
 じゃあ、なんだろう。アーティストの声質とか音質?
 んー……それもなんか違うような。
 その日私は頭を捻らせながら何度もその音楽を聞き入っていた。なんだろ。

 それから私を取り巻く音楽はそのCDを中心としたものとなった。移動している最中も、家にいるときも、兎に角音楽が聴ける環境ができたのならばそのCDの楽曲を聴きながらこうなんじゃないか、と推測する。
 推測だけが頭の中を韜晦する。

 帰宅している最中の電車の中、何気なく寂しげな高層ビル群を目の当たりにしながら例によってCDの中に入っている曲をipodに落として耳に流れている。
 閑話休題、それを見た時、何とも言えないような感覚に襲われた。
 それは初めてこの曲を聴いたような違和感。
 というより異様感。
 その感覚が忘れきれず私は帰宅してから、CDプレーヤーの電源スイッチを入れずにシャワーを浴びて程なくしてベットの中に潜り込んだ。
 違和感だけが私を包み込んだ。

 刹那、私は空の中で落ちていた。
 なぜ? 
 理解できない。
 としばらくしてこれは夢の中だと理解した。私はあまり夢とか覚えてないんだけど今夢の中で私は空を落ちている。
 眼下にはいつも見慣れた高層ビル群があった。
 いつもと違い俯瞰したその街並みはなんか違った世界に巻き込まれているかのようだった。
 私は両手を広げる。
 どこまでも、どこまでも。
 途端、私はいつも聞き慣れたCDの中にある一曲を思い出した。
 よくわからなかったメロディー。
 よくわからなかった歌詞。
 よくわからなかった音楽。
 それらが、全て繋がっているように思えた。
 なんだかよくわからないけど、でも兎に角そう思っちゃったのだ。
 私は笑みを零して、まるで鳥になったかのように自由に飛び回る。
 いつも見慣れた世界が違った風に見えた。
 さしずめ新世界。
 ううん、そんな格好いいもんじゃない。
 ここはまごう事なき私がいた世界。
 じゃあ何が変わった?
 何かが変わった?
 ……凄くへんな疑問に私は思わず言葉に出して言ってしまった。
 言葉に出したところでその問いに答えなんてないんだけど。
 閑話休題それから私はゆっくり夢から覚めていった。

 いつも見慣れた街並み。
 いつも見慣れた高層ビル群。
 その日は雨が降っていて私は傘を差しながらその高層ビルを眺める。
 私はなんとなく笑った。
 理由なんて、あるのかな。
 あるとするのならば、私がこの音楽が好きだ、ていうことだけ。
 そう、たぶんいろいろと繋がっているんだと思う。
 なんとなくだけど。


                                                    おわり 

続きを読む »

2009/02/21 14:06 | ボーカロイドコラボSSCOMMENT(1)TRACKBACK(0)  

初音ミク・鏡音リンオリジナル曲「園庭想空の女少」のSSを書いてみた

 表・初音ミクオリジナル曲「少女の空想庭園」のSSを書いてみた


続きを読む »

2009/02/28 15:43 | ボーカロイドコラボSSCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

初音ミクの消失

 
 
 1周年ということで書きました
 SSというよりポエムの方が適当だと思いますが、1周年なので多めに見てください。


 

続きを読む »

2009/04/15 00:01 | ボーカロイドコラボSSCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP |  NEXT»»
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。