スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- | スポンサー広告  

「ひぐらしのなく頃にー想穢し編」

本作はいくいが「第一回ひぐらしのなく頃に 小説大賞」にて投稿し、一次予選落選した作品です。惨劇な描写も混じっていますので嫌悪なさる方はスルーしてください

続きを読む »

スポンサーサイト

2008/01/20 23:25 | ひぐ大SSCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

のるけあ(・ー・)


本作はいくいが「第二回ひぐらしのなく頃に小説大賞」にて投稿し、一次予選落選した作品です。読むか読まないかはあなたの自由です

続きを読む »

2008/01/20 23:37 | ひぐ大SSCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

蜩の鳴く頃に ver.1.1

                         
               「蜩の鳴く頃に」 


                                文:いくい
                               挿絵:文月いめり (敬称略)                                  





               ありえない日常とありえない結末。
               幸せは十把一絡げ。
  
               生んでくれてありがとう。
               私は今日も生きています。

  




          

続きを読む »

2008/12/22 10:05 | ひぐ大SSCOMMENT(0)TRACKBACK(0)  

あとがき、みたいなもの

「蜩の鳴く頃に」を無事投稿しました。

今回文月いめりさんが挿絵を描いてもらいました。
お忙しい中、本作を読み込んでいただき、そしてとても印象的な素晴らしい挿絵を描いてくださったことに本当に感謝しています。

今回「蜩の鳴く頃に」は多くの方に支えられてここまで辿り着くことができました。
「第三回ひぐらしのなく頃に小説大賞」では落選してしまいましたが、紆余曲折を経てこういった形で発表できることに今では非情に誇らしく思っております。

「ひぐらしのなく頃に小説大賞」に受賞されて語咄し編3という本に収録されていないから自分の作品は劣っているんだ、とは特に思っておりません。それは審査委員長である竜騎士07様や他の審査委員、スクウェア・エニックスの判断でしかありません。しかし受賞して書籍化した作品はそういう定めであり、意味のあることだと思っております。

では書籍化されていない落選したひぐらしSSは意味はないのか、と問われるとそれも違うと思います。そもそも二次創作に優劣なんてものは必要はなく、その作品に対する想いがあれば書籍化されなくても、ドラマCDにならなくても、漫画にならなくてもそれは些末な問題でしかないと私は思っております。
もっともこれは人それぞれの判断でしかありませんから、落選した、受賞した等その後どうするかはその作品を書いた本人の問題であり、それは読み手である皆様にも言えることです。
ですので私がとやかく言えるのはここまでであり、又これ以上の発言は野暮でしかありませんから。

長くなりましたが07thExpansion「ひぐらしのなく頃に」という物語はもちろんのこと、それを制作した竜騎士07様を始め多くの07thスタッフと「第三回ひぐらしのなく頃に小説大賞」を開催したスクェア・エニックス、そして応募した多くの方々、受賞した方々に感謝の気持ちを送りつつ、そして本作「蜩の鳴く頃に」に携わった文月いめりさんを始めとしまして、執筆当初から焦らしながらも本作を読むのを楽しみに待ってきてくれた方々、ふと気になって読んでくれた方や文月いめりさんの挿絵だから読みに来た、という方も含めまして本作を少しでも読んでくれた方々に多謝しつつこれで失礼いたします。


                                            2008年12月吉日 いくい

※追記

 今まで貼っていた動画につきましては私の判断で削除いたしました。ご了承くださいませ。

2008/12/22 10:05 | ひぐ大SSCOMMENT(2)TRACKBACK(0)  

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。